読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【160617】 リリイベ@イクスピアリのこと (2部) 2/4

2部はアキさんのテンションがなんかおかしくて、やたら早口で「はいではご挨拶しますッ」とか言うものだから、それに合わせてウンさんも精一杯の早口で「はいみなさんご挨拶しますよみなさん자 자 자 자せーのっぼーんとぅびっ!!」と言った(笑)。円形のステージだから後ろ振り返ってもう一度挨拶したんだけど、早口すぎて途中もう何言ってるのかわかりませんでしたw

 

自己紹介。

ソンジェさんが「ぼくはウンガンでーす!!」と言って

f:id:mikimikan:20160702161142j:plain
この顔を(笑)

 

次のメンバーが自己紹介しているときもずっとやってるもんだから、メロディが全く集中できないwwww

 

よくわからなかったんだけど、

f:id:mikimikan:20160702162948j:plain

f:id:mikimikan:20160702162958j:plain
このときのウンさんを真似していたの?

 

元ネタがわからない…ごめんなさい;;

とにかくめちゃくちゃ面白かったです…

 

ウンさんに「だめよソンジェ(`・ω・´;)」って言われて

f:id:mikimikan:20160702163712j:plainf:id:mikimikan:20160702163546j:plain
「ㅋㅋㅋ」ってなってるソンジェさん可愛すぎた。
(この写真がそのときのものかどうかはわからない。とにかく可愛かったの…)

 

ソンジェさんの挨拶を受け、ウンさんは「ぼくがぁ、まじでぇ、ウングァンです!!」と主張。アキさんに「マジのウンガンは『グァンちゃん』って言えば返ってきますけど?」と言われ、グァンちゃんコールの流れに。

コールの後「グァンちゃん」をもじって「ごぁん(ごはん)ちゃん(´・ω・`)。ごぁん(ごはん)ちゃん(´・ω・`)」と言うソンジェさんに「??ごはん食べたいね?^^」と返したウンさんに最年長の包容力を感じました。゚(´っωc`)゚。www

 

 

さぁそして、ちゃんそぷさんの登場です…!

 

◆ちゃんそぷ自己紹介(『たたた』初披露)

 

◆別カメラ

 

◆/////

 

fancamに収められているとおりですが、「~でしたぁ!たぁ! た た たぁ!」が初めて披露されたのがこのときでした。あまりに唐突だったので、現場の空気としては 「キャー♡♡♡」より 「 ( °Д°  )」だった気がします。唖然(笑)

 

 

でもね…正直この日は「たたた」よりも、

 

その後の

 


f:id:mikimikan:20160702172421j:plain

f:id:mikimikan:20160702172424j:plain
こちらの現場が全てでしたけどね(;____;)

 

 

 

ちょ

 

 

 

なんすか?

 

 

なんなんすかこれ…?

 

 

 

っていう。

 

 

 

意味がわからなかったです…

 

可愛すぎてもう(つд⊂)

 

 

 

 

冒頭に載せた写真でご説明しますと

f:id:mikimikan:20160702183707j:plain
ここです!!

ここに、ちゃんそぷさんがうずくまっていたんです(つд⊂)

靴の先だけ見えているような状態で、顔は見えなかった。

でもとにかく目の前で。ほんとすぐそこで…

 

円形のステージだったから、逃げ場がそこしかなかったんでしょうね;;w ちゃんそぷさんがここまであからさまに恥ずかしがる姿を見たことがなかったので、衝撃のあまりうろたえました;; こんなんなっちゃうの珍しいですよね!?汗

誰も頼んでないんですよ…?

自分から始めたんですよ…??

そんな恥ずかしい思いまでして、何故。゚(´っωc`)゚。wwww

 

立ち上がったちゃんそぷさんはほんともう、耳どころか首まで真っ赤に染めておられました;;。この後も事あるごとに「たたた」をやってましたけど、その都度必ず真っ赤っかにㅠㅠ

 

ご本人はウケ狙いのつもりでも、こっちにしてみたらカワイイカワイイ言われるためにやってるとしか思えないじゃないですか;;。可愛すぎて笑えない;;。笑うには可愛すぎる;;。暑さと疲労でモウロウとしているメロディに追い打ちをかけるかのようなこの一撃…一体なんてことをしてくれたんだと思いました、本当に。泣。

 

 

そうだ!

たたた事件についてひとつ、どうしても押さえておかなければならない事柄があります! 

 

fancamをご覧になった方もおそらくお気づきになったと思いますが(モダンペンに限るかもしれないが)、ちゃんそぷさんが自己紹介を始めたのとほぼ同時に、隣のウンさんが不審な動きをしているんですよね…。

 

f:id:mikimikan:20160702185820j:plain
/ ~♡ \

 

 

(´・___・`)

 

 

ええ。そうです…

 

たぶんですけど、ちゃんそぷさんが「たたた」をやることを忘れないよう、ウンさんがちょっとだけ、やって見せているんです。。(このウンさんの行動から、『たたた』があの場で初めて披露されたギャグではないことがわかりますね。本人作なのか仕込まれたのか、誰かと一緒に考えたものなのかはわからないけど、舞台に上がる前から既にできあがっていたネタだったんだ) 

 

相も変わらず、まめまめしく面倒を見てあげるウンさん。いうてもちゃんそぷ君は26(25)歳の成人男子で、活動5年目のプロのアイドルで、放っておいても自己紹介くらいはできる思うんです…。ウンさんだってそんなこと百も承知なはず。でもね…放っておかないんだよね…。(たたたをやった後『かわいいじゃん^^』とか言うしㅠㅠ) 

誕生日、ほんの3ヵ月しか離れてない弟にここまでしてあげるお兄ちゃん。それをうっとおしがることもなく、当たり前のように受け入れる弟。

現実世界でこんな関係性が本当に存在するのかと、たまに自分の目を疑います;;。美しいっていうかもう、愛おしい(;__;)。だからモダンぺんやめられないです…

 

 

それにしても、この「たたた」が生まれた経緯が気になる!!

 

あの日サイン会のときに聞きたいな、と思ったけど、当然ながらわたしにそんな度胸はなく。いつかこの日のバックステージ映像が公開されることを密かに祈っています…;;

あともう一つ、ちゃんそぷさんが元々自己紹介であれをやろうと思っていたのかどうかも疑問なんですよね。fancam見ると、ウンさんをチラッと見て反射的にやったように見えなくもない…。自己紹介で「~でした」と過去形にするのも不自然だしね?

 

いつかは使おうと思っていたのかもしれないけど、果たしてそれはあのときだったのか?

それともまた「うんがん兄さんに従順ないちゃんそぷ」が現れた結果だったのか??

 

 

歴史に残る可愛さの裏に、謎も多く残した、たたた事件なのでした…!

 

 

その3につづく!!