【160617】 リリイベ@イクスピアリのこと (2部) 1/4

今更ですがイクスピアリ2部の様子をご報告します!

ありがたいことにfancamがわんさと上がっていたので、そちらも合わせて…。なるべく時系列に沿って並べておきます^^ 長いよ!

 

 

 

f:id:mikimikan:20160627151657j:plain
わたし目線

1部と同じくちゃんそぷさんはこちら側に立つと賭けて、最前列の右端から二番目にスタンバイ。始まる直前「吉と出るか凶と出るか…」と呟きましたが、ありがたいことに吉も吉、大吉でございましたありがとうございました。゚(´っωc`)゚。

  

この回、1部のときとは打って変わってチャンソプさんが謎のハイテンション!ご機嫌っていうのとはちょっと違っていて…半ば暴走気味というか。ハンバーガー食べて元気出たんでしょうかねw、fancamでご覧になっていると思いますが、あの「たたた」は本当に衝撃的でした!

 

 

1曲目はけんちゃなよ。ちゃんそぷさんの隣にはウンさんが。けんちゃなよを歌うにはもってこいの並び順です…(;__;)!

◆登場

 

はいそして、一般的にはそうでもないが、うんそぷペン的には歴史に残る(w)モダンもめんとがこちら…!

 

◆けんちゃなよ モダンもめんと

 

◆もめんと上から

 

◆もめんとうしろから

 

◆長めバージョン

 0:13あたりでもウンさんがほのか~にちょっかい出しているんですよね。この日はウンさんが積極的に遊ぼうとしてくれているのがわかってすごく嬉しかった!片やちゃんそぷさんはそんなバイブス全く感じていないようだったけどww

 

 

◆けんちゃなよ ちゃんそぷフォーカス

160617 치바 익스피어리 비투비 일본 프로모션 괜찮아요 이창섭 직캠 - YouTube

 

 

これはもうレポートっていうより、動画解説みたいになってしまいますが…

 

fancamを見てのとおり、ウンさんがちゃんそぷさんを誘っているんですよね!いつもより距離を詰めて伸ばした手に視線を落として、「(ほら!)」って感じに。最後の最後でようやくそれに気づいたちゃんそぷさんが咄嗟に手を握り…勢い余ってぶんぶん振るww

 

手を離したあとの、「이게 뭐야ㅋㅋㅋ」的な、「なんだこりゃw」的な笑顔がすっっっごく可愛いです。゚(´っωc`)゚。wwwwwうんそぷでアピる意味がわかんないよね、照れくさいよね、オカシイよね、そりゃあ笑っちゃうよね。゚(´っωc`)゚。wwwwwwwwww

 

これを現場で見ていたとき、わたしは角度的な問題もあって、ウンさんがちゃんそぷさんを誘っていたことに気が付いていなかったんです。ウンさんはいつものようにただ手を伸ばして歌っているだけだと思ってたの。そんなところにちゃんそぷさんがいきなり手を添えたものだから、それはもう脈が跳ね上がるほど驚いて…。「どうしちゃったのちゃんそぷさん!?!?」と完全パニック状態に。キャー♡なんて可愛いもんじゃなくて、全身で「ひぃぃぃぃぃぃ(鳥肌)」ってなっていたww

まるでUFOでも見た人みたいな…「私が目にしたものは何だったんだろう…」みたいなぼんやりした感覚のまま家に帰って、その後上がってきたfancamを見て真相を知り、ちゃんそぷさんの気が触れたわけではなかったんだとわかってだいぶ気持ちが落ち着きました。やはりそうであったかと(笑)

 

あのときのちゃんそぷさんの笑顔が、今も焼き付いたまま離れません!!

たぶんわたしはウンさんの手を放した後の笑顔しか見ていないんですが(角度の問題)、にこーって、ほんとにこーーってしながら歌っていたちゃんそぷさんが、本当に、本当に可愛くて、頭上に広がる青空に溶けてっちゃうんじゃないかってくらいに清らかで、美しくて、そして、やっぱり、可愛かったんです…!!!!!

 

 


 

ちょっと脱線しますが、ボードなんて持っていくもんじゃないですね…。

今でもふと「あのモメントが生まれたきっかけの一つに "自分が掲げたボード" はちょっとでも含まれていたのかな」なんてことを考えてしまうんですそのせいであのモメントを純粋に楽しめないんですだからレポートもこんなに遅れてしまった。゚(´っωc`)゚。ww

究極のその他大勢を目指すとか言っておきながら捨て切れないこの承認欲求…。まぁね、ボード作ってる時点で捨てる気ないのは明々白々でしたね;;wwwww

考えるたび毎回ほぼ必ず「おまえのボードなんて誰も見てねえしもし見てたとしても1ミリも関係ねえよバーカバーカwwwwww」という夢もへったくれもない結論に行き着いて逆に凹んで終わるという謎展開になるのですが、「違うだろうけどそうだったらいいよねぇ(´∀`*)」くらいの、ぼんやりと可愛らしいところに着地させてあげられるくらいの優しさは持ちたいと思いました。自分に。

オタ活していると、弱い自分とか見たくない自分とか醜い自分と否応なしに対峙させられる瞬間ってありませんか。「うわ!こんな人間だったんだ自分!」みたいな。今回のモダンモメントは、なんかそれでした。すごくそれでした。乱れた。

山の上の、澄んだ湖の水面みたいな心でヲタ活してゆきたいです。精進します…

 

ダンモメントとはなんの関係もないお話でしたすみませんwww

 

 

Cr. as tagged
f:id:mikimikan:20160707150141p:plain
♡♡♡

  

その2につづく!!