格闘する人/見守る人

ぽむなれきおく活動中、調子の出ない喉と格闘し続けたちゃんそぷさんと、そんな彼を見守り続けたウンさんについてまとめておきたいのです。

 

 

わかる範囲で、時系列に沿って並べてみます。

 

 

全ての始まり。いりだがわ事件。

【160401】 ミュージックバンク「So Pretty」(2:22~)

 

その後の控室。

 

ちゃんそぷさん、最後に「音外しすぎて、もうこれ以上恥ずかしいこともないです。外したら『外したなぁ…』って」みたいなことを。

明るく話して見せるけど、このすぐ後に撮られたと思われる次の動画では、少し様子が違う。自ら「パニック状態」と言っているように、若干放心状態のようにも思える。

(YouTubeにupされているハッシュタグキューブはダイジェスト版だからこの↓シーン入っていないんですね。゚(´っωc`)゚。これはCUBE TVで放送されたもの)

 

 

~たぶんこんなではない超てきとう訳~

ゆく:ひょん、今…

そぷ:パニック状態

うん:音外した風じゃなくて、すごくおもしろく出たぞ。ねげだがわ"ーー!!!ㅋㅋㅋ(←相変わらず歌詞がてきとうㅋ)

そぷ:音ハズすのがもはや面白い 俺はそういうイメージになってしまった…

うん:鼻炎のせいでこうなんです。理解してください

 

冷やかしの後の、あっさりしたフォロー。

 

ウンさんのひと言に救われたのは、ちゃんそぷさんだけじゃないと思う。

世界のちゃんそぷペンにとっても、救いの一言だったと思う。

少なくとも私は救われた(つд⊂)。言葉にしてくれたことが、本当に嬉しかったの…

ソンジェさんが黙って肩抱いて歩いてくれてるのもㅠㅠ

 

 

 

同日。サイン会でも話を振るウングァンリーダー。

そっとしておくのかと思いきや、あえて表に出すのがウングァン流。シルバーライトの前で、闇は闇ではいられなんだな…(´・ω・`)

 

 

過度に茶化すわけでもなく、過度に憐れむわけでもなく、過度に甘やかすわけでもない。そのさじ加減が絶妙なんだよね(つд⊂) (とか言いながら話の8割は理解できてないです全部雰囲気だけで話をしていますごめんなさい;;ww)

 

ウンさんの生み出す笑いはとてもあっけらかんとしていて、良い意味で後に尾を引かない。「あざ笑う」の笑いじゃなくて、「笑い飛ばす」の笑いになる。わたしはそれが、とても好きなのですㅠㅠ 



 

 

 ちゃんそぷ君の戦いは続く。【160405】「開かれた音楽会」収録。

オンエアはされなかったけれど、「二度目の告白」のブリッジ部分でもわずかにひっくり返っちゃった。(2:27)


 

f:id:mikimikan:20160602164000j:plain
このシーン見ると

 

 

これ思い出しますwwww

f:id:mikimikan:20160602164138j:plain

ピンチに陥るピンチヒッター - neon nu gu ni?

 

 

プニたんと笑いあうのも可愛い♡

f:id:mikimikan:20160602164354j:plain

 

 

 

その日の夜のシュキラ。

こちらのエントリーでも取り上げましたが、「ぽむなれきおく」のイントロで、ウンさんがちゃんそぷさんに謎の微笑みを。

f:id:mikimikan:20160601182506j:plain

f:id:mikimikan:20160601182510j:plain

f:id:mikimikan:20160601182515j:plain

 

 

f:id:mikimikan:20160602232041j:plain

 

 

f:id:mikimikan:20160602164912j:plain
。゚(´っωc`)゚。♡(関係ない

※この写真の三人が好きすぎてただ載せたくなったんです;;。この順番で並んでるのを見るとどうしてもこの写真を思い出してしまうんです;;。ただそれだけなんです…

 

 

ウンさんの行動にどんな意味があったのかはわからないけど、ウンさんの微笑みを見て和んだ自分のように、ちゃんそぷさんもリラックスすることができていたんだったらいいな、なんてことを考えた。そしてもしかしたらウンさんも、そうなればいいという思いで微笑みかけたのかな…なんてことを、考えたりもした。勝手に。

 

 

 

翌日。

【160406】 ショーチャン出演前の控室


 

この日のモダンモメントで我々は、モダンラインの、また別の側面を見ることになるのです。

 

 

発声練習を兼ねて他のアーティストの曲(ホガク×ブロマンス『벌써 겨울』)を熱唱するちゃんそぷさんに、鋭い視線を向ける男が一人…

f:id:mikimikan:20160603000005j:plain

f:id:mikimikan:20160603000118j:plain

f:id:mikimikan:20160603000030j:plain

 

f:id:mikimikan:20160603000153j:plain
「早いとこ おまえこれ練習しなきゃ」

 

f:id:mikimikan:20160603000209j:plain
「いりだがわぁーーー!!!」

 

f:id:mikimikan:20160603000217j:plain

 

f:id:mikimikan:20160603000222j:plain
「そうだ…そうだ!それ練習しなきゃ(汗)」

 

 

 

いつもの冷やかしやおふざけとは似て非なる空気を感じて、ドキッとさせられたシーン。

 

言い方がさ、冗談とも本気ともつかない、どっちにも取れるような、なんかギリギリのトーンなんだよね。単に面白くしようとして言ったんだとしたら「いりだがわー!」の後にもっと誘い笑いすると思うし…真意がよくわからない。ウンさん、どんな気持ちで言ったんだろう?ちゃんそぷさんが歌い終わるの待ってるときも、目がマジなんだもんw

ソンジェさんがお説教役を引き継いで「So Prettyだけ練習しとけ」みたいなことを言っているときも、うしろでなんかニヤニヤしてるんだよねw 自らの手を汚すことなく、最強の刺客を送り込むことに成功(笑)

f:id:mikimikan:20160603000301j:plain
↑ㅎㅎㅎ

 

ちゃんそぷさんはちゃんそぷさんで、反射的に「そうだ、練習しなきゃ」とか言うし。数日前の失敗を掘り返されたことにしょげたり照れ笑いしたりするんじゃなくて、すぐさま「練習しなきゃ」って言った。(しなかったけど)

 

 

この「ウンさんから発せられる、少しピリッとした感じ」と、「ちゃんそぷさんの従順な姿」から、思い出されるエピソードが二つほどあるのです。

 

 

 

2013年発売、雑誌『CECI THAILAND』のインタビューより。

 

Q2: A member who listens to you the most.

Eunkwang: It’s Changsub. We’re really close because We’ve studied together. He listens to me the most and tries to help me to be a good leader. When I told the members to do anything, Changsub would pay attention at listening and remind the members to do what the leader told. (CeCi: So, Changsub is a real leader!) NoNoNoNoNo No way. If I tell him not to do, he won’t!

TRANSLATE BY : @WooriLimSik
PICT BY : @ForPeniel

[TRANS] BTOB’s Interview With CeCi Thailand Magazine | BTOB INDONESIA

 

~もしかしたらこんな感じかもしれない超てきとう訳~

Q2:一番よく従うメンバーは?

ウングァン:チャンソプ。僕たちは(モダンで)一緒に勉強してきたので、とても仲が良いんです。僕の言うことを一番良く聞いてくれるし、僕が良いリーダーになれるよう助けてくれます。メンバーに何かするように言うとチャンソプは注意を払ってくれて、リーダーの言った通りにするよう他のメンバーに注意してくれます。(CeCi:それじゃ、チャンソプが真のリーダーですね!) いやいやいやいやいや!まさか。もし僕がやるなと言えば、彼はやりませんよ。

 

 

もう一つ。

2016年4月発売『BTOB 1st フォトブック』 チャンソプQ&Aより。

 

Q. 注意されてもやめられない事

A. すごく時々だけど、ついカッとしてしまうこと。ウングァンくんに、「だめだぞ」って言われます。

 

 

………ね?

 

いるでしょう?

 

わたしたちの知らないウンソプが、そこにいるでしょう??

 

この二つのエピソードから感じられる「ピリッとした感じ」と「従順な姿」が、先のあのシーンとぴったり重なる気がして仕方がないのです。

ちゃんそぷさんのことを猫可愛がりするだけじゃない、なんでもかんでも許してしまうわけじゃない、プロとしての、リーダーとしてのウングァンひょんの姿を、垣間見た気がしたのです…(つд⊂)

 

 

 

 一方のちゃんそぷさんはというと。

 

f:id:mikimikan:20160602233109j:plain
「たとえ喉が良くなかったとしても」

 

f:id:mikimikan:20160602233138j:plain
「皆さんに喉が良くないとは言わないでしょう」

 

f:id:mikimikan:20160602233149j:plain
「なぜなら」

 

f:id:mikimikan:20160602233205j:plain

「言い訳だから」

 

 

 

・・・・・(つд⊂)

 

 

 

わたし時々…ちゃんそぷさんが健さん(高倉)に見えるときがありますよ…これを硬派と呼ばずして何と呼ぶ……

 

本当に、意固地なまでに真面目な人です…よ、ねㅠㅠ

 

 

 

しかもこの話には続きがあって。

韓国メロディさんのツイートのおかげで知ることになった事実ですが、7年前、バンドプロジェクトとして活動していた練習生時代。

 

2:20~
(動画のタイトルには09122とありますが正確な公演日は【091222】のはずです)


慰問公演を終えたヒョンシク君(高2)が発した「残念です、調子があまり良くなくて」という感想に対するチャンソプ青年(高3)のコメントが、こちら。 

 

f:id:mikimikan:20160603003054j:plain
「言い訳にならないです」

 

 

 

(´・_・`)

 

 

 

 

 

 

f:id:mikimikan:20160603012141j:plain

「言い訳にならないです」(2009年 イ・チャンソプ/CUBE練習生)

「なぜなら 言い訳だから」(2016年 イ・チャンソプ/BTOBメンバー)

 

 

(つд⊂)

 

 

ちゃんそぷさんの「反・言い訳主義体制」は、十代のアマチュア時代から既に、確立されていたというわけです…ㅠㅠ

 

 

 

 

個人的には「喉の調子が悪い」と言うことは、別に言い訳だと思わないんだけどね!勝負に負けたアスリートが怪我を言い訳にしないのとは、ちょっと意味が違うじゃない。ちゃんそぷさんはアイドルで、歌手で、勝ち負けのために歌っているわけじゃない。むしろ一言説明してくれたほうが、聴衆が納得して聴ける場合もあると思うんだ(´・ω・`)。それはエンタメの世界に生きるプロとしての、ある種の説明責任のようなもので、別に、かっこわるいことじゃないと思うんだけどなぁ(前回の日本活動でのミニョクさんが良い例)。

 

でも、うん。

裏を返せば、それだけ彼にとってのステージは「戦いの場所」だということなのかもしれないね。

勝つか負けるか、伸るか反るか、泣いても笑っても一発勝負の世界。その瞬間にすべてを懸けるボーカリスト、いちゃんそぷの美学が、哲学が、そこにあるということなんだよね、きっと。

こういう話、もっと深く聞いてみたいものです…ㅠㅠ♡

 

(このエピソードを踏まえて考えると、冒頭でお話しした『鼻炎のせいでこうなんです』発言が更に大きな意味を持つことになりますね。これだけ長い付き合いなら、ちゃんそぷさんの「言い訳しない主義」をウンさんが知らないはずはないでしょう…。それでも言う。説明する。それが、ソ・ウングァンという男ㅠ)

 

 

f:id:mikimikan:20160602234014j:plain

 

結局練習しないw

 

いりだがわ本気で練習してるところなんて、絶対見せないんだろうな…。

 

いいぜ!いいと思うぜそういうの!!ついて行くぜ、いちゃんそぷ!!!!!

 後ろに妖精フックもいるしw、きっといろいろ、うまくいくーー!!!!!

 

 

 

 

…と言ってはみたものの、その後のショーチャンリハーサル。

So Prettyじゃなくて、ぽむなれきおくでハズしちゃった(笑)


 

ここで再び、ウンさんマジック。

「音外す瞬間シャウトしてみ?」って。…だいぶ力業w

f:id:mikimikan:20160603180216j:plain

f:id:mikimikan:20160603180233j:plain

f:id:mikimikan:20160603180246j:plain

f:id:mikimikan:20160603180259j:plain
・・・・。゚(´っωc`)゚。

 

26(25)歳の男性がこんな顔して笑えるんだ!?って、ほんとに、ほんとにびっくりする!!だってこれもう、赤ちゃんじゃない…!お父さんにあやされて笑う、赤ちゃんじゃない…。゚(´っωc`)゚。!!!!!

 

これもまた、「笑い飛ばす」の笑いですよね。失敗の事実に直面させながらも、深刻さとは真逆の方向に気持ちを持っていく…。ウンさんならではの魔法です。

 

 

本番は無事歌いきることができ、BTOBはこの日、二度目のショーチャン1位を獲得。ここからの怒涛の1位祭りは、皆さんもうご存知の通りですよね♡

 

 

そして5月。

「格闘期」を復習した後で再びこのシーンを見ると、味わいもまた格別ではありませんか…^m^?

ウンさんの笑顔と拍手は、4月の格闘期を見守り続けたメンバーとメロディ全員の気持ちを代弁してくれているよね。゚(´っωc`)゚。わたしも本当に嬉しいよ、うん。゚(´っωc`)゚。

 

シュキラのイントロの微笑みもそうだけど、ウンさんがこういうことをするのを見る度、ちゃんそぷさんにとって緊張が何よりの敵だということをウンさんは知っているのではないかな、と思ってしまいます。

以前こちらのエントリーで『真面目にやればベストが出せる。…というわけでもないんだな(´・ω・`)』と書いたことがありましたが、まさにそれで。その場の空気を和ませることで、ちゃんそぷさんの硬さを取ろうとしてくれているように思えて仕方がないのです…。(サングラスの人は歌うのに必死で全然気付いてないけどねww)

 

 


 

気持ちが良いくらい希望的観測だけでできたエントリーになってしまいました(笑)

さもわかったようなふりしてなんだかんだ書き連ねてきたけど、結局すべては憶測や願望でしかなくて、二人が何を考えているかなんて本当にはわからないわけで…。

確実なのは、ぽむなれきおく活動中ずーっと、調子の出ないちゃんそぷさんを見て心配したり歯がゆい気持ちになっていた自分がいた、ということと、調子の出ないちゃんそぷさんを見て心配したり歯がゆい気持ちになっていた自分が、ウンさんの言動一つ一つに本当に励まされ、癒された…ということ。この2点です(つд⊂)

新たな発見もあり、ちゃんそぷさん、ウンさん、そしてモダンライン、それぞれの魅力にもう一度惚れ直した、ぽむなれきおく活動でした!!毎日毎日惚れ直しすぎ!!!!

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございましたーーー\(^o^)/!!!!!

 

 

この記事書くのに何日かかったかな…4日?5日?

やっと終わった~~よかった~~(つд⊂)

モダンラインのこととなるとつい熱が入ってしまいますw
深いんだよ…モダンってのは深いんだよ…!

 

L.U.Vのこととか書きたいんだ!!今日中にまたupしますね\(^o^)/

よい週末を♡