【140929】 イ・ソラの歌謡広場「거짓말」 ~無敵になるということ~ (後編)

昨日のつづき!イ・ソラの歌謡広場「거짓말」に見る、ボーカリストいちゃんそぷの特性と魅了について!!

 

시크릿싱어 - BTOB 이창섭 "거짓말" 라이브 LIVE / 140929[이소라의가요광장] - YouTube

 

 

②コール&レスポンスで発動する 「"天使にラブソングを"現象」

これについて語るには、まず「天使にラブソングを現象」が何なのかをご説明しなければなりませんね。以前書いたエントリーでおさらいします。

 

わたしは、チャンソプさんという人は、かなりの頻度で歌の最中に「天使にラブソングを現象」を起こす、と思っているんです。

天使にラブソングを現象」というのは、わたしが自分の中で勝手に命名してひとり頭の中でそう呼んでいる、チャンソプさんの、とある癖?傾向?のようなもののことです。

ラジオ番組で歌うそぷさんの動画をたくさん見ているうちに気付いたことなんですが、チャンソプさんは、一曲歌っていく中で緊張をほぐしたり、喉をあっためていくことがある。もちろん意図してそうしてるわけじゃなくて、結果的にそうなっているだけだとは思いますが。それがものすごくわかりやすい形で現れる。

それが良いことなのかどうなのかっていう話はまたの機会に置いといて、とにかく歌い始めと歌い終わりを比べると、声の出かたが明らかに変わってるよねって思うことが、たびたびあるのです。その変化のことを、天使にラブソングを現象と名付けた。

【150628】 BTOB スターキャスト 「BTOBだから大丈夫」を振り返る - neon nu gu ni?

 

 

そうつまり、ひと言で言うと「曲中のある瞬間から突然、歌の質が上がる」ことを指しています。(何故「天使にラブソングを現象」なんていう名前にしたのかはリンク先参照)

プロの歌手としてはなかなか珍しい現象ではあるのですが(笑)、この日、まさにそれが起きたのです…。

 

 

チャンソプさんはお客さんと一緒に歌うことが大好きですよね。昨日ご紹介したモダン時代のステージもそうでした。

f:id:mikimikan:20160419235156j:plain

f:id:mikimikan:20160419235159j:plain
すぐ巻き込もうとする。笑

 

BTOBの曲では「二度目の告白」のブリッジ部分が定番でしょうか。「(韓)그때로 다시 돌아가고 싶은데~♪/(日)あの頃に 僕は戻りたくて~♪」になると、必ずと言っていいほど客席にマイクを向けて、メロディの声を聴きたがります。

 

 

チャンソプさんが天使にラブソングを現象を引き起こすきっかけはいくつかあると思うのですが、その中のひとつであり、おそらく一番の引き金になっていると思われるのが、この「お客さんを巻き込むこと」。

 

 

皆で歌うことで心強さを感じるのか、皆で歌う一体感が好きなのか、彼が頻繁にマイクを向けたがる理由はわかりませんが、そうすることによって急激に調子を上げていくことは確かです。みんなの声を聞いたチャンソプさんの機嫌は、その後すぐ、彼の歌声から確認することができる。

 

例えばこんな風に。

 

 

めったに出ないんですよねこのアドリブ…

 

何度聴いても鳥肌が立ちます…;;

 

 

 

 

話を「こじんまる」に戻しましょう。

 

この日は冒頭から好調ではあるのですが(個人的には「どう考えても一人では歌いきれない曲だからグダグダになるの見越して緊張が少なかったのかな」と思っているw)、最初のうちは、微妙にピッチが合っていなかったりする。まだ若干、集中しきれていない感じも。

 

調子がぐっと上がるのは、やはりサビ以降。流暢なラップでますます肩の力を抜きw、DJとゲストの皆さんとの掛け合いを経てからのちゃんそぷさんは更に楽しそうで…それはもう、幸せな歌声を響かせるのです…!

 

f:id:mikimikan:20160420005233j:plain

f:id:mikimikan:20160420005244j:plainf:id:mikimikan:20160420005248j:plain
・・・・・・・・・・(´;ω;`)

 

 

つまりそう、今回のステージで「天ラブ現象(略した)」が出たと思っているのが、このときなのです。皆さんとの掛け合いをきっかけに、ちゃんそぷスイッチが完全にオンになった。

f:id:mikimikan:20160422030616j:plain

2コーラス目に入ったとたん、何か階段を一段上がったような感じを受けませんか…?

 

1コーラス目と同じメロディを歌っているんだけど、より力強くなっている。歌声に、鮮明な色が付いたというか…。艶がある。リズムの取り方も大きくなって、全体のピントが合っている感じがする。そしてもちろん表情は、無敵状態のあのお顔。

 

 

こういう状況に出くわすたびいつもほんと面白いなぁと思うのだけど、ちゃんそぷさんという人は、おふざけが入れば入るほど、周りの空気が緩んでいけばいくほど、それと反比例するかのように、歌がしっかりしていきますよね(笑)。

笑いが許される場に身を置くことで、プレッシャーから解放されることが大きいのでしょうか。これは緊張しいなイチャンソプ氏ならではの、大きな大きな特徴だと思います(笑)

 

f:id:mikimikan:20160420005457j:plain
/ しろ!しろ! \

 

いやま、ちゃんそぷさんは歌詞(?)に忠実に従っているだけで、ふざけたいわけではないのでしょうけどね。本来は女の子のセリフだもん、どうしても面白くなっちゃうよねwwwwwwほんとかわいいwwwwww

 

ラップ直後の「はんぼんど!SING!!」という活きのいい呼びかけもカリスマの片鱗見せちゃってる感じがして素敵です。このひと言があるのとないのとでは、曲の見栄えがだいぶ違う。ちゃんそぷさんの熱が上がってきているのが感じられます。

 

 

ちゃんそぷさんはただ歌うだけでなく、曲中のちょっとしたお喋りや、仕草や、叫び声等を使って、ステージを鮮やかに飾りつけることができる人。だからわたしは彼のことを「パフォーマー」と呼ぶのです。歌手という肩書には収まりきらない、収めてしまっては勿体ない、有り余る魅力を持った「表現者」なのです…!

 

 

 

この曲を聴くたび、グッと来るのが2:48。

「へーい!けんちゃ~な~」の「へーい!」部分。

 

f:id:mikimikan:20160422020858j:plain
\ くれ~な~ぬ~ん♪ /

 

f:id:mikimikan:20160422020904j:plain
/ へーい! けんちゃ~な~~♪ \

 

 

 

本来、この曲にはいらないでしょう!?「へーい!」なんてノリは(つд⊂) !?

 

でも入れてくる。入ってしまう。

 

…なぜか?

 

 

それはそう、ちゃんそぷ様がノリノリだから…!!!!

 

 

ただそれだけ!!!!!

 

 

 

へーい!が入るだけで、なんか独特のノリが生まれますね?それでもって、なんかキュっと締まりますね??DJさんゲストさんたちによるコーラス隊と、ちゃんそぷさん、この二組が、キュっとひとつに束ねられる感じが、しますよね!??

だからそう、へーい!が要るか要らないかって言ったら、即答でYESなんです…!

 

こういうことを、おそらく無意識で、ただその時の感情に任せて、ノリでできてしまうということが、すごいなぁと思うんですよ。世の中のアイドル、こんな自由な煽り方しません。っていうか、やりたくてもできないよ…(つд⊂)!

 

 

 

「へーい!」をきっかけに、二度目の天ラブ現象を起こした感のあるちゃんそぷさん。完全無敵状態の中、最大の聴かせどころを迎えます。

 

走り出したちゃんそぷを、もう誰も止められないんだぜ…!

f:id:mikimikan:20160422023803j:plain

f:id:mikimikan:20160422023809j:plain

f:id:mikimikan:20160422031805j:plain

f:id:mikimikan:20160422031759j:plain

先ほど「反比例」の話をしましたけど、この部分もまさにそうで。コーラス隊の皆さんが苦戦している中、KYなほどにただ一人活き活きと歌いあげるちゃんそぷさんがかっこいいやら可笑しいやら…(笑)

ほんともう、バカみたいに良い声出てるんだもんwwwwwwなんなのこの人wwwwwwwwwwww

 

この日のチャンソプさんは、歌謡広場で披露した他のどの曲よりも声出ていると思うんですよね…。真剣に、真面目に歌ったあの曲、この曲も、グダグダこじんまるのちゃんそぷには敵わなかった(笑)。この事実が、なんとも興味深いではありませんか。

 

『真面目にやればベストが出せる。…というわけでもないんだな(´・ω・`)』

 

一筋縄ではいかない彼の本質を知るためのヒントが、そこに隠されているような気がするのです。

 

 

 

 

 

 

長くなりました。

 

私の思うちゃんそぷさんの魅力――「無敵状態」と、天ラブ現象こと「スイッチが入る瞬間の様子」について書いてきましたが、いかがだったでしょうか。超個人的な分析であり見解なので、もちろんこれが絶対だということではありません。ファンが100人いれば、100通りのちゃんそぷさんが存在すると思っているので…ここに書いたことも全て「わたしの思うちゃんそぷさん」でしかありません。そんなんじゃねーよと思われることもたくさんあると思いますが、すみません。今のうち謝っておきます。

 

 

今季はちゃんそぷさんの喉が絶不調で、音をハズしたことをからかわれることが本当に多かったですよね。あちこちの動画で、そんなシーンを何度も見ました。失敗を笑いに変えてもらえて有り難い反面、反論もできず、徐々に自虐的になっていくようにも見えるちゃんそぷさんの姿を見るのが、正直とても辛かったんです…。だから、勝手に凹んだ自分を励ます意味も込めて、見切り発車でこの記事を書き始めました 。音ハズすくらいなんだ!ちゃんそぷの魅力は無限大なんだぞー!!!という思いを込めて(笑)

 

案の定何が書きたいのかよくわからないエントリーになってしまったけど、ずっと書きたいと思いつつまとめる自信がなくて後回しにしていた事柄だったので、思い切って書いて良かったです。ここまでお付き合いくださった方がどれだけいるかわかりませんが、ありがとうございました♡

 

 

 

 

 

 

最後。

 

見事一曲歌い切ったちゃんそぷさんでしたが、

f:id:mikimikan:20160422042457j:plain
ズコーッて感じになってるのが可愛いかったw

全体的な完成度を考えたら、そりゃまぁこうなるのも仕方ないよねwww

 

f:id:mikimikan:20160422042503j:plain
でもね、ちゃんそぷさんが思うよりもたぶんずっと、この日のステージは素晴らしかったんですよ!!!!

 

 

 

コメントありがとうございます!お返事しないままですみません><。

ちょっと空が白んできてしまったので(汗)、後ほどさせていただきますね!

おやすみなさい♡