【160212】 BTOB Zepp Tour 2016 B-Loved @ZEPP DiverCity

f:id:mikimikan:20160213224235j:plain

f:id:mikimikan:20160213224243j:plain
わたし目線。1階フロアほぼ最後列(笑)

 

コンサート前日のエントリーで「レポしますね」なんて書きましたが、そういえば東京の様子はニコ生で中継されるんでしたよね!バタバタしていてすっかり忘れてました^^; 中継されたライブをわざわざ振り返ることもないですね^^;

しかも、写真の通りわたしはほぼ最後列から見ていたので、人垣からちゃんそぷさんの姿を追うのが精一杯といった状況…。ニコ生をご覧になっていた方のほうがよほど快適に見えていたと思います(笑)。(帰ってきてから動画を見て「あのときこんな顔してたんだ~!」とか思ったw)。

そんなわけで今回は、トークの文字起こし等はせず、簡単な感想で終わりにしたいと思います^^

 

【セットリスト】

●オープニングVCR

1. MAGIC TIME
2. Blowin'

■MENT (自己紹介)

3. 뛰뛰빵빵 (Beep Beep
4. 어기여차 디여차 (Giddy Up)

■MENT (ニコニコカメラにご挨拶)

5. 집으로 가는 길 (Way Back Home) [家に帰る道]
6. 괜찮아요 (It's Okay) [大丈夫]
7. サヨナラを繰り返して

●VCR (Melobyの気持ち)

8. Rainy Blue (原曲:徳永英明)
9. A-Yo
10. Uptown Funk (原曲:Mark Ronson ft. Bruno Mars)

■MENT

11. 여기 있을게
12. Neverland

●VCR (Dear Bride PV+メイキング)

13. Dear Bride

■MENT

14.ずっとずっと
15. 涙色の空

■MENT

16. WOW
17. 나 빼고 다 늑대 (All Wolves Except Me) [僕以外みんなオオカミ]

■MENT (最後の挨拶) 

18. 未来(あした)
19. 二度目の告白 (Japanese Ver.)
20. また会えるから

- アンコール-
21. 여보세요 (Hello) [もしもし]
22. Shake it

 

 

・オープニングVCRの映像と音楽がまったりしすぎていたため、会場が思いのほか温まらない(笑)。メンバーの顔が順番に映し出されたときも、キャーとかワーとかならなくてw 「安定の演出力…(`・ω・´;)!」と思いながら見てた。

 

・今回のセトリはスタートダッシュがすごかった…!これどうなんだろう、好評なのかな?あのまったりしたオープニングからなんのアレンジも加えずそのままの状態でマジックタイムを1曲目に持ってきたこと…私は納得していない(笑)。どんなに良い曲でも(わたしの2015年 No.1 J-POPはマジックタイムです)、物事には流れというものがあると思うんだw

 

・細身の黒スーツヤバかった(つд⊂)。ほんとにほんとに本当ーーーーにヤバかった。かっこよかった…(つд⊂)!今のところ、私の中で2016年びとびコスチュームアワード大賞受賞です!!まだ2月だけどね!!!

 

・ともするとおじいちゃんの法事的な出で立ちになりそうな黒スーツだけど、左胸のところに何かキラキラじゃらじゃら綺麗なのが付いてたから、そうはならなかった。ちゃんそぷさん前髪上げてたけど、今この長さで上げてるのはふつうに好きだ!かっこよかった…!

 

・オープニングのチャンソプさんを見てまず一番に感じたのは、「なんかかっこつけてる…!」ということ。コンサートはじまったばかりのちゃんそぷさんは基本的に表情固め、おふざけ少なめなのですが、この日もやっぱりそうだったんですが、でもそれだけじゃなくて、なんかちょっと一味違っていて…。どのタイミングだか忘れたけど、なんか1人で勝手に、胸を前後に動かすような動きしてませんでしたか…!?(調べてみたけどなんていう動きなのかよくわからない…「アイソレーション」というのでしょうか?) タイトなシャツとスーツでそんなことされたら、セクシーさが際立つに決まってるじゃないですか!「あなたちょっと…黒スーツ似合ってること自覚してるでしょう…(震)!?」ってなりました…こわいこわい…

 

・あとそう、ステージへの入り込み方が、いつもグループで歌ってるときのちゃんぷさんとはちょっと違う感じがしたんです!気のせいかもしれないけど、ちゃんそぷさんが1人で歌うときって、なんかちょっと独特の空気を放ちませんか。人を寄せ付けないような…若干陶酔しているような…。そういう空気を、1曲目から漂わせている感じがしたんです。Blowin' のプニたんラップのときもプニたんの周りには集まらず、1人だけステージ右端に立って煽っていたんですが、その姿がなんかめちゃめちゃかっこよかったんですよね。。気持ちは既に「Uptown Funk」に向かってるのかな~(^m^*)と思ったw

 

・自己紹介のときだったと思うんだけど、ゆくそぷがお隣同士で。ちゃんそぷがソンジェの胸についてるじゃらじゃらしたやつ(さっきからなんて呼んだらいいかわからないwwwあのエンブレムみたいな、勲章みたいなやつ…。ラペルピン?でいいのかな?w)を無言で触ってたの。そのあと自分の襟についてるのを見て…。俺のほうがかっこいい的なことを主張したかったのかわからないけど、ソンジェさんが全く反応してくれなかったため、そのまま何も起きないままゆくそぷモメントが終わりましたw

 

・このとき↑はたまたまこんな感じだったけどw、曲中はとにかく仲良しさんでした♡ゆくがちょっかい出して、そぷが「(あぁもう~っ>///<」って感じになるというお馴染みのパターンが何度も何度も^m^ 

 

・「これ わたし クッションです!」可愛かったね、あぁもう本当に可愛かった。゚(´っωc`)゚。 「PVの表情やって見せて」ってメンバーに言われるたび素直に何度でもやって見せるちゃんそぷ君は本当に良い子だと思った。゚(´っωc`)゚。w

 

・ティパンの途中で「あけましておめでとう」が言えなかったちゃんそぷさんも可愛すぎたㅠㅠㅠ日本語喋ろうとしてわけわかんなくなって「あれ?あれ?(目線は上)」⇒「くしゃって顔して笑ってごまかす」のコンボがたまらないです。゚(´っωc`)゚。ちゃんそぷはこのままもう喋れなくていいやって思う。゚(´っωc`)゚。出た甘やかし

 

・ミニョクさんの「特別なプレゼント用意してきました~」からの「せーのっ」 → (愛嬌♡) のくだり、ちゃんそぷさんだけ完全に置いてかれてた。何にもできないまま6人を眺めて終わってた(笑)。事前に決めていたことだったんでしょうに、どうしてこうなっちゃうんだろうね?w
そのあとミニョクとチャンソプがソンジェさんにお菓子をあげていたけど、結局客席に配ることはなかったね(´・ω・`)。時間が押して取りやめになったのかな??

 

・ソンジェさんとウンさんのレイニーブルー、とても良かった…(´;ω;`)。「あれ?わたしFNS歌謡祭見に来たんだっけ?」って思った…なんかわからないけど私の中でFNS歌謡祭だったんだよすごく…スペシャルコラボステージ的な感じだったんだよ…。
最近のウンさんは高音が辛そうに聴こえることがあるんだけど、この曲は普段歌っている曲よりキーが低めだからなのか、どっしりした感じがあって、安心して聴けた。ソンジェさんとウンさんの声の相性がすごくいいと思った!

 

・Uptown Funk…まさか生で聴けるときが来るなんて思いもしなかった(ノ_・。)。どうして日本でもこの曲やろうと思ったんだろうね!?それだけお気に入りなのかなぁ。ピンクのジャケット羽織ってくるものとばかり思ってたから、英国調のダブルベストでちょっとびっくりした!w

ちゃんそぷさん、気持ちよさそうでしたね(´;ω;`)。「ステージの真ん中に立って1曲まるまる歌うちゃんそぷさんを見る」というのが今年の目標の一つだったんだけど、2月にして早くも達成できてしまった。。この次は「いちゃんそぷ名義で配信/発売された歌を聴く」という夢に向かって走りたいと思います(つд⊂)

…走るとか言ってみましたがごめんなさい、実際は「ただひたすら待ち続ける」だけの話ですww

それにしても、覆面歌王のWi-Fiさんのときはおもいっきり被り物だったし、今回はサングラスかけてたし、ソロで歌うときにちゃんそぷさんの視界を遮るものがあることが少々惜しいです!どんな顔して歌うのかを見たいのにw!!だから最後、サングラス取ってくれて嬉しかった。サングラス取ったら笑顔が出たね~^^ 

ちゃんそぷさんのおかげでこの曲にハマってしまい、昨年何度聴いたことか…。結果的にそれが予習になっていて、\ hot damn! / も叫べたし \ Uptown Funk you up, Uptown Funk you up /も言えたし、思い残すことないですw 楽しかった!!!

 

・Uptown FunkのあとのMENTで着替えのためにハケるとき、ただ黙って行けばいいものを「わたしは~ わたしは~」って小声で妙な歌を口ずさみながらハケるちゃんそぷさんが可愛すぎてどうしようかと思いました(つд⊂)。歩いてるんだけど、その場で足踏みしてるみたいになってなかなか進まないのねㅠㅠあの人パントマイムやったらたぶんめちゃめちゃ上手くなると思うよほんと芸達者ㅠㅠㅠㅠ

その後スキップして戻ってきましたよね、たしか…ニット姿もかっこよかった(つд⊂)

 

・「여기 있을게」聴きたかった~!聴けた~!!!

この曲でうんそぷが隣同士だったんだけど、ハモるところになると必ずと言っていいほどウンさんがそぷさんの方を向くから、それに応える形でちゃそぷさんもウンさんの方を向くのが微笑ましかった(笑)。たぶんだけどウンさんが見なければ、ちゃんそぷさんが振り向くことはないんだろうなと思いながら見ていたw そんなことはともかく、良い曲だ><。

 

・「Dear Bride」PV (short ver.) 初公開…!!これはフルバージョンが公開されたあとでまたゆっくり振り替えるべきかもしれませんが、とりあえず会場で見ていたときの感想は「ちゃんそぷ君はやっぱりちゃんそぷ君だ\(^o^)/!!」でした。笑

先日ティーザーが公開されたときに、ウルフルズの「笑えれば」のPVを引っ張ってきて「ちゃんそぷさんはハッピーエンドか、はたまた、けーやん的エンディングか」というような話をしましたが、思いっきりケイスケさんでしたね(つд⊂)。ただ、ケーヤンが結婚式場を立ち去った一方、ちゃんそぷ君はちゃんと式に参加し、写真撮影のときは新婦の隣に立ち、しかもじっと見つめるという攻めの姿勢(笑)。あのシーンだけちょっとホラーサスペンスな感じがしたw ふつうの人はあんな至近距離で花嫁を見つめたりはしないww 同僚!全部わかってんならもうちょっと立ち位置考えてやれよ!って思ったwww

ティーザー見た時から感じていたことだけど、結婚をテーマにしたストーリーにもかかわらず、主人公の描かれ方がとても幼いことがちょっと残念だったかなぁ(´・ω・`)。ちゃんそぷ君がまるで、先生に恋する中学生のようなんだもの(笑)。どうせやるならもう少し大人な絡みを見たかったです!この恋、もしかして成就するんじゃ…?と勘違いできるくらいの。隠し撮りしてキャッキャするとかじゃなくてねww

いろいろ書いちゃったけどごめんなさいw、「ちゃんそぷ可哀想泣いたㅠㅠ」っていう感想ばかり並んでいてもつまらないでしょう笑?

とにかく主人公良かったね!!数分の物語の中でデレそぷとしょんぼりそぷを味わえる、有り難い有り難いPVです>人<♡♡♡

ところでこの曲のアレンジがとっても「One Love」っぽいですね。「愛~する~人をその手で~♪」の部分、「伝えたくて~伝わらなくて~」って歌いたくなります。。

どうでもいいついでに、もしわたしがこの曲のPVを撮らせてもらえるなら(誰)、テーマは間違いなくイ・チャンソプとソ・ウングァンの友情物語になります。チャンソプには父親のような愛でもって大切に大切に面倒をみてきた妹がいるのね。「いいか~おまえはな~~将来お金持ちのイケメンと何不自由ない結婚をするんだぞ~~兄ちゃんが見極めてやるからな~^^!」つって。するとある日、妹が「お兄ちゃん、好きな人ができたの…」と切り出すの。見たことない顔で笑うんだよ。ごはん食べてるときにね。

 

そんでこうなる。

f:id:mikimikan:20160214174357j:plain
\ 好きな人が… /

 

f:id:mikimikan:20160214174403j:plain
(噴)

 

f:id:mikimikan:20160214174405j:plain
ガバッ!!!!

 

f:id:mikimikan:20160214174409j:plain

参考w
[ENG SUB] 150207 C-Radio BTOB - Which member will you introduce to your sister? - YouTube

 

ちゃんそぷお兄ちゃん、気合い入れて会いに行くんだよ。「どこの馬の骨だかわかんないような奴だったらただじゃおかねえぞ…!(ドキドキ)」っつって。そして待ち合わせ場所に行くと…

 

 

f:id:mikimikan:20160214175634j:plain
いるんだよね~~~~まさかの親友・悪友ソウングァンが(笑)

 

 

「!?!?!? なんで…!?なんでおまえが…!?!?」「ず、ずっと隠してたのか!?俺に!?!俺に隠れてお前たちは…!?!?!」って…なるよね~やっぱり。

 

妹:「お兄ちゃん私たちもう決めたの///」

うん:「よろしくお願いします、お兄さん(キリッ」

そぷ:「お兄さんじゃねえよ汗!!よろしくって何だよ今更!!?(パニック」

うん:「ぼくが精一杯守りますお兄さん」

そぷ:「だからそれやめろって!!!!!認めねぇぞ!!俺は認めねえええええええええ」

 

お兄ちゃんの複雑な想いとは裏腹に、あれよあれよという間にその日はやってきて。

 

お兄ちゃん、号泣しながら2人に熱いハグ。うんが、幸せにしろよ!!絶対だぞ!?って。真剣な顔で頷くウン新郎。そしてそんなちゃんそぷを笑いながら取り囲むメンバーたち…。

 

『愛する人を見つめて そっと頷きながら 永久を誓い キスを交わす天使に 心から おめでとう』

 

…Happy ending...♡

(この物語はフィクションです)

 

 っていう、なんかそういう

 

 すごいでしょ、コンサートに何一つ関係のない妄想話でこれだけの時間を割くんだよ、頭おかしい…。でもこのPVが見たくてたまらないです(つд⊂)笑

 

 

 ・そうそう、この曲の振り付け、なんか面白いですね。面白いっていうか…激しいですよね?w サビの途中でぽんぽんぽんって3回跳んで回るのにはどういう意味があるんだろうw

 

・Dear Brideのあと、ひとりでスポットライト浴びて喋る(=カンペ読む)ちゃんそぷさん可愛かった。主人公主人公と自慢するけれど、ちゃんそぷさんのは「しゅじんこう」じゃなくて「しゅーじんこ」だった。しゅーじんこ可愛い。笑

 

・カップリング曲は、一度聴いただけではよくわからないというのが正直な感想なんだけど、たぶん「また会えるから」が一番好きかな…?どの曲も際立って個性的という感じはなく、あぁ~、うんうん、なんかあるよねこういう曲~(´・∀・`)という印象。←老化に伴い細かい違いが認識できなくなりみんな同じに見え/聞こえるようになってしまっただけの予感

ちなみに一緒に行った友だちは「辛島美登里っぽいところがあった…!」と指摘していて、わたしは「また会えるから」の途中がどうにも尾崎豊っぽいな~と思ってた(笑)。いずれにしても80年代っていうwww でも今あらためて聴いてみると、X JAPANのENDLESS RAINの「さま~よ~う~いつまでも~~」部分のほうが似てますね…って待てよこれも80'sか…。とにかくそういう懐かしさも感じさせる曲だった(*´∀`*)

イルンさんやミニョクさんに歌わせたの大正解!!そういう曲、1曲は必要と思ってた!!!!嬉しい!!!!

 

・せっかく4曲入れるならもうちょっとテイストの違う曲を集めてもよかった気がするんだけど、今のBTOBの皆さんはしっとり聴かせたいモードなのかな?なんかちょっともったいない気がしたんだけど、まいっか(´・ω・`)

 

・「WOW」の終わりで、ゆくそぷ耳ふさいでましたよね…!?特効来るはずだったのになくなったのか、ゆくそぷがただ勘違いしてたのか…。真相はわからないけど、2人の動きにつられてこっちも身構えたのに、煙ぷしゅ~~!しかなかったので拍子抜けしたwww 暗転したステージで、ゆくそぷはどんな顔してたんだろう?笑

 

・「나 빼고 다 늑대」聴けた~~!!見れた~~!!この曲好き~~~!!!!!

この曲は振り付けを知ってしまうと、曲聴くだけじゃ物足りなくなる。ダンス込みで鑑賞したくなる1曲!

サビの途中で一瞬、オオカミになるとこあるじゃないですか。両手上げて、爪立てるみたいなポーズするとこ。「がおーっ」て。や、がおーとは言ってないけど。ちゃんそぷさんのあのポーズが、もう可愛くて可愛くて大好きで大好きでしかたないんです(つд⊂)

f:id:mikimikan:20160215000640j:plain
がおーって。や、がおーとは言ってないけど

 

だからサビになるたび「来るぞ来るぞ…!(ワクワク」って思いながら双眼鏡で見てましたw そして「がおーっ」てするたび心の中で「きゃあぁぁぁ*・゜・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜・*」 ってなってましたww や、がおーとは(略

 

・ひとつ欲を言わせていただけるなら、最初の黒スーツでこの曲見たかったな><。衣装と曲のイメージがあまりにかけ離れてたのだけがちょっと残念!

 

・その次のMENTで、ヒョンシク先輩の「Please be my baby~!!」がかっこいいという話になったとき。ちゃんそぷさんがシクさんに向かって「かっこいい かっこいい」って2回続けて言ったときのその言い方がめちゃめちゃツボった!なんだかわからないけど、その一言だけが完璧ネイティブだったの…(つд⊂)!

自然すぎて、何かちょっと不思議な気分になりませんか?w

ちゃんそぷさんと同じ国に生まれた人たちは、ちゃんそぷさんの話す韓国語が全部こんな風に聞こえているんだよなーって思ったら…なんかちょっと切なくなった(´・ω・`)。意味不明

 

・「そろそろ自己紹介を…」めずらしくボケてみせるちゃんそぷ君wwモダンラインが喋り出すと、シュキラみたいな空気になる!ほっこり♡

 

・ちゃんそぷさんはよく最後の挨拶で「他の会場で会いましょう」的なことを言う。「また明日会いましょう」とかも言う。平気で言う。もしわたしがマネージャーなら(だから誰)、その類のコメントはそっこうでやめさせる(笑)。『あなたにとってもお客さんにとっても、今日が最初で最後のステージだと思ってやりなさい#!!!!』って言うwwww
悪気ないのはもちろんわかるし、ちゃんそぷさんらしいなぁとは思うけどね^m^

 

・ウンさんの挨拶のとき。ウンさんがグァンちゃんコールしたら、ちゃんそぷさんもメロディと一緒に「グァンちゃん!」って言った。そのあとウンさんはすぐに喋り出したんだけど、そぷさんはウンさんがいつもやっている「腕くるくるくる→お辞儀」までを1人でやっていた。可愛かった…(つд⊂)

 

・ゆくの英語スピーチwwwwwwww彼の「やりたいことやれたらそれで満足」みたいなところはスーパーでジュニアなキュヒョン兄さんにちょっと似ているwwwwほんともう大好きですwwwwwwwww「アーイラビューソーマッチ!!!!!ネクストソングいくぞ!!!!」wwwwwwww

ソンジェさんには、ほんとたくさん笑わせていただきました!楽しそうで良かった!元気で嬉しかった!!

 

・アンコール終わってハケるとき、ちゃんそぷさんのお手振りがとても丁寧でまた感動。最近のちゃんそぷさんは、以前よりも長い時間ステージに残ってくれるようになった気がするんですよね…って、ファン歴1年足らずのおまえが何を言うって話だけれども。でもなんかすごくそう思うんですよ…。名残惜しそうに客席を見回して手を振っている姿を見ると、こちらまであったかい気持ちになります(´;ω;`)♡

 

 

大体このくらいかなぁ…

もう少し付け足すかもしれないけど、 公演中に思ったことはあらかた書けた、と、思う!

 

 

今回のコンサートは、チャンソプさんのソロが聴けたことがとにかく嬉しかったです!!ファンになってから、ずっとずっと夢見ていたことだったから…!

あとはやっぱり、ソンジェさんとウンさんのレイニーブルーがすごく良かったなぁ。あの日一番聴き入った曲かもしれない。

新しいアルバムのダンス曲を聴けた/観れたのも嬉しかった♡ 逆に、「U&I」とか「くりすたるがっち」とか、わたしの大好きな甘ったるい系POPSが全然聴けなかったのはちょっと残念だったかも。日本語曲が増えていく分、あの辺(=タイトル曲でもなくダンス曲でもなくバラード曲でもないアルバム収録曲)がはじかれちゃうんだろうなってことはわかるんだけどもさ…(´・ω・`)。

個人的に、びとびはああいう甘くて優しくて幸せなポップスをもっともっと歌うべきだと思うんだ(つд⊂)。あと3曲くらい作って、ライブにも常備させるべきだと思う!!(実はそんなにバラード歌手だと思ってないw)

…と、そういう想いは5月のリクエストアワードに注げばよいのですね♡どんなライブになるんだろう?楽しみだよーーーーー

 

 

話そうと思えばまだいくらでも出てくるんだけど;、キリがないからこの辺で終わりにします! 以上、Zeppダイバーシティの感想でした!ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました~~!!!!

おしまい^^