読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【150628】 BTOB スターキャスト 「BTOBだから大丈夫」を振り返る

生きてます!!!!!(聞いてない

 

このエントリ書き上げるのに何日かかったんだろうorz
書いては消し、書いては寝落ち、の繰り返しで…
ようやくなんとかまとまりました(つд⊂)

何一つ書けてませんが、先週一週間のお仕事、出来事を振り返ること、まだ諦めてませんw

どんなに乗り遅れても、書きたいことを、書きたいときに、書きたいだけ書いていきますので、皆さんはどうぞ、先行っててください…(つд⊂)!

 

今日は、6月28日のスターキャストについて!
個人的なツボを突き詰めて書いてみたら、なんだかもう、全くわけのわからないエントリーになった! …けどまぁいいや!w

 

はじまりはじまりー!!!

 

 

 

【150628】 BTOB スターキャスト 「BTOBだから大丈夫」

 

tvcast.naver.com

 

 

news.kstyle.com

 

この日はほんと一日中ドキドキしてました。。

何を思ったか夜中の3時に目が覚めてしまって、ふわふわしたまま一日過ごして、緊張状態のままスターキャスト見て、音源&MV公開のあともなかなか寝付けなくて。結局24時間近く起きてたという^^; 

 

はじめて聞く「大丈夫」は本当ーーーーーに感動的だった(つд⊂)!!!

 

歌詞の意味わかんないから音だけ集中して聞く状態だったんだけど、メロディがほんと美しくて。ヒーリングソングとは言っても、ただ優しいだけじゃなくて、心のずっと深いところをえぐるような怖さを感じた。これはちょっと、危険な曲だ。
後半の盛り上がりすごくて。どのパートも誰のパートも、すごく難しそうで。ちゃんと歌わないと、ちゃんと完成しない曲だと思った。終わったあとは、若干放心状態でした…(つд⊂)


番組としては55:00くらいからが一番面白かった。(座ってトークしてる部分はほぼ理解してないので振り返ろうにも振り返れないw)。時間が余っちゃったからみんなでなんとか間を持たそうとしてるのにウンさん1人わかってなくてさっさとMVに行こうとするあたりは、相変わらずの役割分担(笑)。BTOBに限った話じゃないとは思うけど、やっぱり彼らは台本を持たない時間が最高に面白いと思った^m^

 

 

愛嬌バトルが楽しくて!!!

シクさんが「愛嬌バトルしようよ」って提案したとき、不満げにちょっと眉しかめて「え~ぎょ~べ~とぅる~(´・ω・`)?」と呟いたチャンソプさんの、その言い方が、その声色が… 。

 

とても素敵で、ドキドキしましたよね(つд⊂)?

 

地味すぎるポイントなのだろうかいやしかし…そぷぺんさんならきっとわかってくださるはずだ…はずなんだよ…うん…。

 

やりたくないのかと思いきやその後、シクさんに「ちゃんそびひょんからいきましょ」って言われて二つ返事で引き受けてカメラ探すソプさんは、本当に良い子だと思いましたww

 

f:id:mikimikan:20150706220606j:plain

f:id:mikimikan:20150706220610j:plain
それが果たして愛嬌なのかどうかはわからないが、ひたすら可愛いので合格だと思います。゚(´っωc`)゚。

 

それにしても前髪上げてるせいなのかラウンドネックのせいなのか、この↑キャプのそぷさんなんかすごくゴツく見えますねw

 

 

 

 

そしてわたしはやっぱりどうしても、「チャンソプさんのウングァンさんに対するリアクション」が気になってしまうようなんです…(´・ω・`) (またいつものうっとおしいのがはじまるよ…

 

ウンさんの番。やる前から半笑いで、どれどれって感じに。
f:id:mikimikan:20150706214926j:plain

 

 

f:id:mikimikan:20150706214920j:plain
/ うっぎゃっぎゃっぎゃっぎゃっぎゃっぎゃっぎゃーー! \wwwww

 

 

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

f:id:mikimikan:20150706224419j:plain
ㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ

 

 

マイク離してたからあんまり聞こえなかったけど「ひゃひゃひゃひゃwww」って声出して笑ってましたね(笑)

 

個人的に、ソプさんはウンさんのギャグに対して「笑ってあげてるとき」と「ほんとに笑ってるとき」があると思っているんですが(逆のパターンもある。つまりウンさんもソプさんもお互い「笑ってあげてる」ときがあるw)、このときはほんとにウケてたっぽくて和みました(笑)

 

いやでもほんとにこのときのウンさんが最高で(つд⊂)

ギャグや愛嬌というものはあちこちで披露するためどうしても使い回しになってしまうものだけど、ウギャギャギャギャーは新しかった。斬新だった…。いつもいつの日も、言葉の壁を越えたシンプルな笑いを体張って提供してくれるウンさんは本当に大きくて、優しい人だと思います。゚(´っωc`)゚。 深夜PCの前でひとり、ソプさん以上に爆笑してましたwwあれ一体何がしたかったんだろう?wwww

 

 

あともう一つ!どうしても記しておきたいことがあります。

 

それは

 

番組最後のアンコールケンチャナヨ

 

f:id:mikimikan:20150706232029j:plain
イルンさんの「ひょんラップして」の耳打ちの後(ショーチャンバックステージでこの話してましたね^m^)

 

 

f:id:mikimikan:20150706232517j:plain
「イェー!カモーン!」ではじまったウンさんラップ。

 

 

 

 

それに気づいたソプさんのリアクションが

 

 

 

 

 

f:id:mikimikan:20150706232039j:plain
とりあえず真顔から始まってたことwwwwwww

 

 

 

 

 

f:id:mikimikan:20150706234925j:plain
右4人と左3人の温度差wwwwwwwwwwwww

 

 

 

 

 

いいのかな、これ大丈夫かなって思ったのかなぁ。。

 

すぐには笑わず、なんかちょっと不安げな、心配そうな顔をしているんだよねw

 

 

 

 

f:id:mikimikan:20150706235413j:plain
こっちの盛り上がりに

 

 

 

f:id:mikimikan:20150706235601j:plain
ついて来れてないwwww

 

 

 

左の3人も、その後徐々に解放されていくんだけどね。

 

 

とにかく最初のそぷさんの

 

f:id:mikimikan:20150708025513j:plain
「…?」

 

 

って空気がめちゃめちゃ可笑しかったww

 

 

事あるごとに言ってるけど、毎回どうしても言いたくなるから言いますけど、チャンソプさんは本当に真面目な方ですね(つд⊂)。(だからといってふざけてるメンバーが不真面目だと言いたいわけじゃないですよ!こういうときに笑いに走るメンバーがいてくれて本当に有難いと思うし、いてくれなきゃだめだし、楽しいし、大好きです><)

チャンソプぺんという生き物は、こういうとき瞬時に波に乗れないチャンソプさんが、それはもう愛おしくて、大好きなんですよね!!きっとそう!!!つまりはそういうことです!!!!!!

 

あっ。そうだそうだ。

この後、ソンジェさんがミニョクさんパートのラップをしたときにソプさんがようやく笑ったのも、「らしいな~」と思ったの。

ウンさんの暴走には一抹の不安を抱くけれど、ソンジェさんの暴走には100%の信頼を寄せている(笑)。「あ、いいんだ。この方向でいいんだ…!」と安堵したかのような朗らかな笑顔がww

精神的支柱といったこととはまた別の意味で、ステージ上で実質的なリーダーシップを取っているのは誰なのかということがよくわかる瞬間だった気がしますw

 

 

f:id:mikimikan:20150707172913j:plain
あーあ、やれやれって感じにねw 
かわいい^m^

 

 

 

そのあとのこれ↓にもぐっと来た。

 

f:id:mikimikan:20150707173641j:plain
______/  みにょぎひょん 歌!^^  \

 

 

 

… (´;ω;`)

 

 

だから、

 

ね、

 

ソンジェさんという人がもう、本当に…。゚(´っωc`)゚。

 

 

 

ついて行こう、この陽気でハチャメチャで勇敢で聡明な末っ子に、みんなでついて行こう!!!!笑

 

 

 

 

 

最後にいきなり真面目な話していいですか。

や、今までの話も全部大真面目ではあったんですけどね…

 

 

わたしは、チャンソプさんという人は、かなりの頻度で歌の最中に「天使にラブソングを現象」を起こす、と思っているんです。

天使にラブソングを現象」というのは、わたしが自分の中で勝手に命名してひとり頭の中でそう呼んでいる、チャンソプさんの、とある癖?傾向?のようなもののことです。

ラジオ番組で歌うそぷさんの動画をたくさん見ているうちに気付いたことなんですが、チャンソプさんは、一曲歌っていく中で緊張をほぐしたり、喉をあっためていくことがある。もちろん意図してそうしてるわけじゃなくて、結果的にそうなっているだけだとは思いますが。それがものすごくわかりやすい形で現れる。

それが良いことなのかどうなのかっていう話はまたの機会に置いといて、とにかく歌い始めと歌い終わりを比べると、声の出かたが明らかに変わってるよねって思うことが、たびたびあるのです。その変化のことを、天使にラブソングを現象と名付けた。

ではなぜ「天使にラブソングを現象」なのか。それは、映画『天使にラブソングを2』の中で、高校の音楽クラスの生徒たちが「Oh Happy Day」を披露するシーンがありますね。そこから来ています。

メインボーカルを務めるアマールも、他のクラスメイトたちも、最初はとてもナーバスになっていて、全く声が出ない。そこでウーピー・ゴールドバーグ扮するデロリスが機転を利かせ、曲の途中に発声練習を盛り込み、生徒たちの緊張を解くわけです。その後アマールは豹変し、驚愕の歌声を披露する…という流れ。

 

とにかく見ればわかる。

 なんとなくでも伝わりますでしょうか…。

ちゃんそぷさん、ときどき、こういう感じになりません…?

 

耳澄ましたら、ボタンを押す「カチッ」て音が聞こえるんじゃないかと思うくらい、いきなりスイッチ入るときが、ありませんか…ね…?

 

 

映画の中のアマールは発声練習をきっかけにスイッチを入れますが、チャンソプさんにとってのスイッチは、ただの間奏のときもあれば、間奏中に挟む「自由なおしゃべり」のときもある。とにかく一度歌い始めて、小休止を挟んだ後、スッと固さがとれたようになって、もっと声が出る。

 

本当はこの件については、ラジオ番組で歌うソプさんの動画を集めて検証しながら、いつかじっくり書きたいと思っていたのですが…。いつまで経っても書けないし、ちょうど今回それに近い出来事があったので、勢いで書いてみました^^;

 

 

で!

 

 

この日、BTOBは「大丈夫」を二回歌いましたよね。

一回目の「大丈夫」ももちろん良かったのだけど、二回目のぐだぐだアンコール大丈夫のときのほうが、チャンソプさん、より声が出ていた気がするんです(冒頭で声ひっくり返っちゃったけどw)。二回目だったこともあるのかもしれないし、ウン&ゆくラップで笑ったことで、更にリラックスしたのかもしれない。スイッチがどこにあったのかはよくわからないけど、最後の最後でチャンソプさんのスイッチがオンになり、爆発した。

「けんちゃな~×3」で完全にピントが合っているのがわかるし、「I believe in you~♪」 のフェイクで、魂が解放される(?)のがわかる。。

 https://soundcloud.com/mikimikan/150628-its-okay-cs

 

こうなってしまうともう、手が付けられない。ソプさんの天ラブ現象(略すな)とはつまりソプさんが「ゾーンに入る」瞬間であると思っているのですが、それによって何が起きるかと言えば…「CD超えが起きる」。

そう。この人恐ろしいところは、スタジオ録音された歌よりも、ライブの歌のほうが正確に(上手に)聴こえることが度々あるところ。易々と超えて行く。歌手イチャンソプの本質を知れば知るほど、あなたはもう、CDだけでは満足できない体になってしまうのです。こわいよこわい…。

 

少し前のエントリで書いた「ソロで歌うチャンソプとグループで歌うチャンソプの距離をいかにして縮めるか」「あのハイな状態をどれだけお茶の間に届けることができるか」という(わたしが勝手に決めた)課題は、まさにここに繋がっていて。

ぐだぐだアンコールケンチャナヨで見せたあの魂の解放感を、かしこまった音楽番組やイベントでも、発揮できるかどうか。ふざけた雰囲気の中じゃなくても、リラックスしてフリースタイルなパフォーマンスを見せることができるかどうか。。

そんな部分にも注目しながら、けんちゃなよ活動、引き続き、応援していきたいと、思っています!!!!!