読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【150429】 The Secret Diary @TOKYO DOME CITY HALLのこと (完成したよ;;)

f:id:mikimikan:20150430021614j:plain

14303178859780
いつの日か 手書きのメッセージが印刷された銀テが降ってきますように

 

そのとき、この銀テを出して今日の日のことを思い出すの。
大きくなったね、こんなところにもお金かけてもらえるようになって良かったねって、思うんだから(つд⊂)

 

 

初日は、アリーナの中央ブロック、ステージ向かって左エリア、7列目の通路脇という有難い席で見させていただきました;;。座席がドームシティの公式サイトに載っている座席表のとおりではなかったので(公式の座席より椅子の数が少なかった)、通路脇だということを会場に入るまで知らず、行ってみて驚きましたorz

 

 

[150429] 
『BTOB 2015 1st 単独コンサート~The Secret Diary~』初日レポ

 

●オープニングVCR

女の子が部屋で日記を書いてる。と、時間が止まって、女の子が動かなくなる。そこにミニョクさんが入ってきて、日記を奪っていく…みたいな映像。

そのあと1人ひとりの紹介映像。ステージに立つ準備をしているイメージ?最初はミニョクさんから。いきなり裸の上半身とか髭剃ってる顎のアップが差し込まれて、会場「ギャー!!」なるww 上半身ショットはヒョンシクさんもあったかな…。顔が映ってないから、だれの裸なのかも誰の髭剃りシーンなのかも正直よくわかんなかったw

肝心のソプさんなんだけど...どんなシーンだったか忘れた(笑)。二回見たのにほんとに覚えてないww とにかく真正面向いてカメラ目線してました!!…みんなしてたけど(笑)。

 

VCR終了と同時に暗がりの中BTOBが登場。いきなりの銀テープ発射!!で、一曲目のWOWへ。(ツアータイトルも手書きメッセージも何も書いてないまっさらの低コスト銀テ。終演後も床にかなり残っていて悲しかったw)

 

 

1. WOW (Japanese ver.)

黒シャツに、濃紺?濃緑?黒?何色か判別できなかったんだけど、大きめの千鳥格子柄のスーツ。

そぷさんの髪が...!

七三な分け目で前髪上げて、ふんわり横に流している。もみあげが不自然に残っちゃってる感じが、なんかね…渋いの通り越して、若干おっさんなんですよね(笑)。スーツのときはまだいいんだけど、後半の「半パンにベースボールシャツみたいなプルオーバー」の衣装との噛み合わなさが顕著でした(笑)。みなさんの感想を読むとなかなかどうして不評っぽかったけどww、セクシー大人そぷでした♡ってことでね!笑

 


2. 사랑밖에 난 몰라 (I Only Know Love) [愛しか僕は知らない]

3. 비밀 (Insane) [秘密]

オープニングから全力ダンス曲3曲メドレーということで、このあたりになってくるとメンバーの息が上がってるのがよくわかる。酸素足りなくて、鼻の穴が広がり気味になるあの感じね!!(伝わる?w) 険しい顔しながらも完璧に歌い踊るBTOBの皆さん素敵でしたㅠㅠ

 

当たり前のようにやるから忘れそうになるけど、BTOBの皆さんは本当に歌が上手い。プロに「上手い」とか言って馬鹿にしてんのかって話だけど、そうじゃなくて、あれだけ激しいライブパフォーマンスであれだけ安定した歌唱力を発揮できるというのは、同じ人間としてとんでもなくすごいことだと思った!
バラード曲はテンポも遅いし音が静かなこともあって微妙なズレに気付けたりするんだけど、ダンス曲に関しては時々「これCD流してるんじゃないの(・∀・;)?」と聞きまがうほど(笑)。
BTOBは1人だけが突出して上手いとかじゃなくて、チーム全員のバランスが取れているところも大好きです!

 

ところで、のっけから「これはなんだ、目潰しか?」と思うような舞台照明に戸惑いました。客席に向けて照らすのが今のトレンドなんでしょうか(汗)!?客席からステージを照らすのと同じくらい、ステージから客席に向けて四方八方に…なんかすごかったですよね...!?逆光も逆光で、メンバーを見ようにも眩しすぎてよく見えないの。もどかしかったです(つд⊂)

 


■MENT (ご・挨拶)

「Hello Melody~! Hello Japan~!!」

「みんなテンション上げてますかー!」

(いぇーい!)

「ありがとうございます..」

 

「ついに!BTOBがここ日本に、きました~!!」「じゃ、ご!あいさつしまーす」

 

せーの、ぼーんとぅび!こんにちは~BTOBでーす、からの、自己紹介。ステージ向かって左から。

 

「はぁーー.....(溜息)」「あいたかったです..。げんきですか」「はい、こんにちはわたしはBTOBのちゃぁんそぷでーーーーす!」

お客さんの歓声を受けたあと、裏声で「オーッホッホッ、アーッハッハッ^^」って笑う。で、ふつーのテンションに戻ってひと言「つぎ」と(笑)

 

「こんにちはー!BTOBのプニエルでーす!Thank you for coming♡」

 

「はいみなさん、ぼくは誰ですかー?」(せーの!→グァンちゃん!×3)「ありがとごじゃいます(`・ω・´)」「ぼくは、みなさんの!...ひまわり♡(両手を顎の下に広げる꽃받침(コッパッチム)のポーズ) ソ・ウングァンです。はい、どうじょよろしくお願いしまーす!」

 

「ひまわり」だなんて、ウンさん新しいの持ってきたね!と思っていたら...ソロコーナーへの伏線を張られていたとはね!!まったく、やるねソウングァン><♡

 

「みなさん...あついでしょ?」(ねー!)「そーです、ぼくはあっつい男、ミニョクです(笑」。その後お客さんの歓声を聞いて「おお!誰か、韓国語...ちょー上手だね?w」

 

「今日のコンサート来てくださって本当ありがとうごじゃいますし、あー...」

 

「ますし」に反応して客席がザワザワする(笑)。
すかさずウンさんも「すし?w」と。笑

 

「ますし(笑)、たくさん、きてくだ...、期待してください…」「楽しんで帰って!^^ ありがとごじゃいまーす」

 

「はいこんにちはー!」「BTOBのかがやく男、ヒョンシク先輩でーす!きらきら~!!☆☆☆(手をひらひら)」

 

その後ミニョクさんが隣で「あついあついっ^^」って。また便乗したwww

 

「おひさしぶりメロディ~!」「ぼくは...コン・テグァンでーす(笑)!ドラマ見ましたかー?」「はい、ぼくは、ろくそんじぇでーーす」

 

「そんじぇ、あいたかた、ぼくも!」

「わたしもあいたかた!ユク・ソンジェ!!」

 

ソンジェさんは真顔でスルー(笑)
ウンソプのほうを見てもくれないwwww

 

ステージ左側に立つ2人が右端のソンジェさんに向けて、挙手しながら言ってた気がするんだけど...記憶違いだったらごめんなさい。末っ子大好きすぎるお兄ちゃんたちが、それはもう可愛かったです。゚(´っωc`)゚。

それで2人はどうしたんだっけ...ソプさんはいつもの如くしょんぼりしてたんだっけ。だめだ、全然思い出せないㅠㅠ

初日はとにかく「しょんぼりソプ祭り」だったんです!
チャンソプさん、何かにつけてしょんぼりしてた(笑)

 

「あいかわらずー..みんな綺麗ねー」「BTOBのー...。なに?」

(客席:『いるんー\(^o^)/』と『天使ー\(^o^)/』が混ざってる)

「BTOBの、イルン、イルンじゃなくて。BTOBの?」

(天使ー\(^o^)/!!!!!×3)

「イルンです。ありがとうございます」

 

 

ここからはモニターに映るカンペを読みながら進める。

正直、初日は超のつくグダグダでしたw みんなあまりにたどたどしいので、コンサートのコンセプトを理解するのにも一苦労(笑)。でも2日目はだいぶ良くなっていたので、大阪ではきっともっとスムースな進行を見せてくれるんじゃないかと思います♡ (逆にシナリオ通り進行するのに飽きて、もっとぐちゃぐちゃになる可能性もありそうだけどw)

他のメンバーがセリフをなるべく暗記してなるべく自分の言葉で話すようにしている中、皆の頑張りをぶち壊すかのように1人チャンソプさんだけは目線を下げ、あからさまにカンペをガン読みするww しかも読み方がやたら芝居がかっていてわざとらしいwww 会場からも笑いが(笑)。

チャンソプさんは自分の番が来たときだけいきなりテンション上げて、必要以上に感情を込めて読むから、なんかもうアニメの台詞みたいになっちゃうんだよね(笑)。そもそもしゃべる声がアニメ声だし!しかもどう考えても本人の実力以上のセリフだから、上手く話せば話すほど感動もするんだけど、それと同時にその不自然さにウケてしまうw

このときだけじゃなくて、ソプさんが喋り出す(カンペ読み出す)と、きまって会場がザワザワしてました(笑)。全力で読み上げるソプさんがとにかくもう、すっごく可愛かったです。゚(´っωc`)゚。

 

 

初日のグダグダなやり取りを文字で書き表すのは至難の業…というか、読んでいてもおそらくわけがわからないと思うので、とりあえずそのグダグダ感の中から、きっとモニターにはこういうことが書いてあるんなんだろうなぁと思われる「シナリオ原型予想」を書き出してみることにします。わたし自身、書いてみてようやく、彼らが何を伝えたかったのかがわかりましたw

 

※メンバーがこの通り喋ったわけではありません。これ↓をやろうとして、つっかえたり詰まったりしながらグダグダになっちゃった感じを想像していただければよいと思います笑。 

「いよいよ今日という日がやって来ましたね!僕たちもメロディに会える今日を、本当に長い間楽しみにしていました」「この嬉しい気持ちを込めて『WOW』から歌いましたが、気に入ってくれましたか?」

「ところで、今日のコンサートのテーマが『The Secret Diary』ですよね。どんな意味が込められているかわかっているメンバーは?」

「あぁ!もちろん知ってますよ!だから、何をしたらメロディが楽しんでくれるのかすごく考えました。そこで、僕たちが準備しましたよね?」

「記憶に残したいとき、みなさんは何をしていますか?」「...日記!あぁ、日記を書きますよね。それで僕が日記を…盗んできました」

「...盗む?泥棒!?」

「メロディの日記帳を、僕たちが盗んできました。」

「そして日記帳には何と書いてありましたか?」

「日記帳にはメロディみんなが『彼氏がほしい』と書いてありました」

「『彼氏がほしい』と…」

「(メロディに向かって) 欲張り!!!!!」

「とにかく、今日からBTOBがメロディの彼氏になりました!」

「ということは、今日が、BTOBとメロディが付き合って1日目ってこと?ちょっと…恥ずかしいな///」

「イェーイ!僕に彼女ができました~!!だから、メロディが責任取ってね?僕、今日…1人で寝るから//」

「落ち着いて落ち着いて(笑)。BTOBについに彼女ができましたね~。しかも日本で!」「彼氏になったら、まず何をしなきゃ…?」

「彼氏になったらまずやっぱり.......(チュッ)?////」「いやいや!まだ(汗)!ちゅーはまだです!」「まずはやっぱり...『...おいで☆(ハグのポーズ)』」「あったかいんだからぁ~♪」

「あのねぇ!キミ何を言ってるんですか(怒)!」「それよりお互いの心が通じるのが一番大事でしょう(`・ω・´)?」

「感動だ...( °д°)」

「感動...( °д°)」「さぁBTOB!メロディに感動される準備はできましたか?」

(スタンバイ)

(メロディに向かって)「準備できましたかー!」

「はい、では次の曲。You're So fly」

(『君は感動だ』スタート)

 

 あらためて読むと、すごい内容だ(笑)。メロディに楽しんでもらうために日記を盗みその願いどおり彼氏になってあげてキスだハグだで盛り上がっているとキラキラ先輩が怒り出しそのお説教に感動したところで君は感動だに持って行くってこれだいぶ力業wwwwww

2日目のレポで詳しく書きますが、2日目はこのくだりで遊びすぎたせいでだいぶ押しちゃって、最後はもう「はい感動感動」「はい準備準備」みたいに、すごく雑な展開になっていて超ウケました(笑)。2日目にしてシナリオがめんどくさくなるBTOB大好き\(^o^)/www

それにしても結構な量ですよね。日本語が得意ではないメンバーもいる中でこのセリフを回すのですから、これはなかなか大変だと思います。。皆さんよく頑張った!

 

 

すみません、そびれぽだけ。
さっき書いたセリフを、そぷさんが言ったとおり文字に起こすとこんな感じ。

 

「Yeaaahhh...! ぼぉくに、かのじょがでぇきましたぁー^^!!!」「だぁからぁ、メロディがせぇきにんとってねぇ」「ぼく....(小声でささやくように)きょう…......ひとりでねるから//」

 

小声の「ひとりでねるから」が可愛すぎて大爆発したのですが、爆発しつつも「なんでソプさんだけこんな女の子なセリフなんだろう」って謎だったwなんなんだこのネグリジェが似合いそうなセリフはwww

 


4. 넌 감동이야 (You're So Fly) [君は感動だ]

念願の「のんかんどんにゃ」...!わたくし、はじめて見れ/聴けました。゚(´っωc`)゚。
バレンタインペンミでも豊洲スペシャルライブでもやってくれなかったので、ずっとずっと待っていた一曲でした。
スマッシュヒットを飛ばした「ティティパンパン」後のカムバがこの曲だったということで当時の評価はあまり高くなかったようですが、個人的にはこの曲、本当ーーーーに大好きです、無茶苦茶かっこいい。゚(´っωc`)゚。わたしの中のBTOBのイメージ(やんちゃで自由+肩肘張らない脱力感+セクシュアリティに走らないかっこよさ+かっこよさの中に含まれる高濃度のおもしろ成分等)は、ティティパンパンとのんかんどんにゃで作られたと言っても過言ではないです!

この曲、やりようによってはもっともっとライブ映えすると思うんだけどな。あの↑ぐだぐだトークのあとでこの曲をやってしまうことが、非常に勿体ないと思ったw

家でCD聴いてるときには、サビのラララ直前で一気に高まって、ラララ部分ではステージと会場が一体になってなんかもうすごい幸福感に包まれるんだろうな...!と思ってたんだけど、実際コンサートで聴いてみたらそんなでもなかった(笑)。あとそう、最後のそぷさんパートのとき、「えーい!」「えーい!」「おー!」って合いの手も入れないんですね(汗!?まぁそうか、掛け声に入ってないものね…(´・ω・`)。あれ気持ちいいのにな!わたしは今後も叫び続けたいと思いますw!!

ひとりで密かに大好きな手拍子も叩いてきました(笑)。大満足です♡

 


●VCR (グループトーク)
LINEとかカカオトークのようなメッセンジャーアプリの画面が出てきて、メンバー同士の会話が繰り広げられる(もちろん本当の会話ではなくて、コンサート用に作られたもの)。このレポ中「●VCR (グループトーク)」と書いたものは全てこの画面。

メンバーそれぞれニックネームを名乗っていて、それは以下の通り

 

ウングァン→うんこ
ミニョク→リス
チャンソプ→ナルト
ヒョンシク→ヒョンシク先輩
プニエル→ドングン
イルン→イルニ
ソンジェ→6

 

ほとんど覚えてないのでこのグループトークに関するVCRのレポは放棄しますごめんなさい(´Д`;)。個人的にこのVCRは面白くなくてw、曲と曲がぶつ切りになる感じが、なんかもったいなかった。せっかくのコンサート会場で、せっかくのVCRで、文字だけ追い続けるっていうのもね。
どうせ彼氏設定で進めるならさ、「かっこいい男」のEP1でソプさんが料理してるシーンみたいな、ああいう彼氏設定なイメージ映像をいっぱい挟んだらよかったんじゃないかなって。それだけで幸せになれたんじゃないかなって。

こういうの↓。大画面で見るの。

f:id:mikimikan:20150502125322j:plain
もはやレポでもなんでもないただの提案www

 

っていうかこの映像の↑そぷさんやばすぎますよねって話がしたかっただけなんだと思います。満足。

 

 

…次ー!w

 


5. Happening

この曲でひとつどうしても言いたいことがあって、そぷさんライブで歌うとき、この曲のサビの「ぴょーりぴんなとんばーめ♪ たーりぱくとんくばーめ♪」の「ばーめっ」の部分、「ばーめっ↑」って、語尾を上げない...!

絶対上げないですよね!?!

ウンさんは毎回毎回律儀に「へのーこっ↑♡」って上げているというのに!!この曲の肝は「め↑」と「こ↑」にあることを、「め→」と「こ→」にしてしまっては魅力が5割減くらいになることを、ウンさんはちゃんとわかっていらっしゃるんだわ!!!(知らないけど)

ソプさんライブになるとちょいちょい歌いやすいようにアレンジする!まぁね!そぷさんの自由だからいいけどさ!!

 

…ちぇっ!(よくないらしい笑

 

■MENT

先のグループトークVCRで、シクさんがメンバーみんなに気を持たせるようなことを言って、メンバーみんなから浮気者呼ばわりされるというくだりがあるのですが。ここからはそれを受けてのトークが展開される。

 

Happeningが終わってすぐ、もう5秒もたたないうちにw、カンペ見ながら話を始めるチャンソプさん。ソプさんはとにかく真面目に任務を遂行しようとするよね(笑)

 

 

(後ろのスクリーンを指差しながら) 「みた?...みたみた?…みた!??」「グルプトークまでみたのは...メロディがはじめってぇ、だよ...」「もう、メロディに...ひみつはないッ(`・ω・´)!!!」「こんなかれし今までみたことありますかぁ?」

 

あまりの可愛さに会場が「キャー」でも「わー」でもなく、「ひゃぁあぁぁw」って感じになる。「ひみつはないッ!」の言い方はアニメのキメ台詞みたいにやたらキレがいいし、「こんなかれし...」の部分は、なんかちょっと日本エレキテル連合っぽい(?)ナヨナヨしたしゃべり方で、それがまた可愛くて。゚(´っωc`)゚。

 

「はい、ちょとまてくださいみなさん。で、で、ついに、ヒョンシク先輩の、真の姿があきらかに、なりましたねー!ハッハッハッハッ!!」「ヒョンシクくんはぁ、うわきものです、はい」

「オーマイガーーッ!せんぱいヒドいーーー!!!!」

「ちょっとまってちょっとまって、これは反則でしょう~」

「何が?」

「…倍返しだッ!!」(でも顔は笑ってる^^笑)

 

(懐かしめのフレーズとそれを発するタイミングに戸惑い、会場が若干ザワつくw)

 

「でも、ヒョンシクさんの人気を見ると、最近まぁ…悪い男が人気じゃない?…そうじゃない??」

「や、やさ男じゃない?」

「優男です..(´・ω・`)」

「ぼく!ぼくも今日から、悪い男になるよ」

「えーい!ソンジェくんはいつも、いつも悪い男...w」

(ウンさんに詰め寄りながらw)「てめ...このやろ......てめえッ...!!!」←マジなやつ

「悪い男だっ!汗」

(『おもてなし』のように手をつけて)「お・ち・つ・い・て」「おちついてーー」

 

イルンさんの呆れたような興味なさそうな言い方が最高にツボるww

 

「悪い男じゃなくて、あっっつい男でしょ!?ミニョクのように」

「あ!あつ、あついですかぁ!?」「…あったかいん..♪」

「いいから(怒)!」←さえぎる

「あったか..♪」←あきらめないw

「いいからぁ(怒)!!これ、やめてよ?...うざい!!!」

「やめてぇ!!(叫)」←仲裁

「うざい!!!!!!」←便乗wwwwwww

 

「やめてぇっ!!」と「うざい!!」で小競り合いwwwカオスにwwww

 

すると、なだめ役イルンさんが再び登場。最後はメンバーと会場が一緒になって「お・ち・つ・い・て、おちついて~!」。なんだこの茶番ㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ

 

「やっぱり、アツい男はさいこうですけどぉ…ぼくのような。あははは(笑)」

 

ソンジェさんやチャンソプさんから「おぃ!」「うざい!」の声が飛ぶ。ミニョクさん「...うるさいw」

 

「それより、おんな...を!」

 

「女…!?w」って、会場はザワザワ。他のメンバーは集中が切れてきたのか、ミニョクさんのセリフに付いてきてない様子。だいぶグダってきた。笑

 

「はーいみなさん、集中してください..」

「はーい(。・o・。)ノ!みなさん、はーい!」

 

「女をまもる男が...良い男でしょう?」

「はい、そうですねぇ。それではメロディに、BTOBならではの、男の、香りを...届けましょう!」

 

「それでは、みんな、覚悟して!!...#$%&行くぞ!!!」←なんか叫んだけど聞き取れなかったㅠㅠ

 

で、スリラーへ。

会場で見ていたときはメンバーの会話を聞き取るのに必死でコンサートの構成について考えることなんて全くできなかったんだけど、こうして今見直してみると、おもしろいっていうか...可笑しい。茶番からのスリラーって斬新すぎてもうwwwww

 


6. Thriller

ウンさんのソプ輪くぐりがかっこよすぎてそれしか頭に残ってないorz
と、ゆくそぷがすさまじい形相で顔見合わせるところ。あの顔で噛みつかれて死んでも悔いはないね..。
あとはもう、チャンソプさんのダンスが大好きです。゚(゚´Д`゚)゚。

 

 

7. 그 입술을 뺏었어 (Irresistible Lips) [その唇を奪った]

ウンさんとソプさんの声がちょっと辛そう?と思い始めたのがこの曲だったかな。そしてウンさんのマイクの調子がおかしくなってきたのもたぶんこの曲から。ウンさんのパートがまるまる入らない箇所があった。

自分にとってこの曲は「BTOBに出会わなければ聴くことがなかったであろうタイプの曲」なので、いまだに少し不思議な感覚で聴いています。去年の年末にBTOBを知ってから遡るようにして曲を聴いていったので、2014年の2曲から始まって「その唇を奪った」「秘密」にたどり着いた時の衝撃は、実はかなり大きかった(笑)。なので最初はどうノればいいのかわからず戸惑いがあったんだけど、今はすごく好きになった!

最近すごく思うのだけど、BTOBのおかげで、趣味も好みも関係なくいろんな音楽をひたすら楽しんで聴いていた(=若くて純粋だったw)頃の感覚を、少し取り戻せた気がするんです(笑)。BTOBを聴くようになってから、何故かBTOB以外の音楽もたくさん聴くようになった。それはもしかしたら、BTOBが音楽をこよなく愛し、楽しんでいる気持ちが伝染したからなのかなぁと思ったりしています^^

 


8. Regrets Of Love

この日はソプさんよりもウンさんのサビにハラハラしてしまった><。高音、ちょっと出てなくて。とにかくわたしはこの曲に浸ることができないらしいww

以前このブログで「この曲の主人公をストーカーだと仮定して聴くと面白い」って書いたと思うのですが、ちょうどいい機会だからここで書く。

一般的な解釈として、この曲の詞は「別れた彼女を忘れられない男の気持ち」を描いたもの…だと思うのですが。

もし。

もしこの男と相手の女性の関係が、そもそも「始まってさえもいなかった」としたら。

そう考えて聴くと、まったく違うストーリーが生まれることに気付いたんです(笑)

 

「独りよがりだった/押し付けだった」とわかっていながら「でもまだ愛してる」といってしまうところにも、男の強烈な自己愛が感じられませんか(笑)

極め付けは、曲の途中に挟まれる謎の効果音です。ガラスがしゃーん!の後に、車のドアが閉まる音(高級車っぽい厚みのある音よね)...。最初聴いたとき全く意味がわからなくて(そしてなんかちょっとおもろくて)、これは何なんだろう何なんだろうとずっと考えていたのですが。この↑仮説を当てはめたとたん、全てがわかってしまった。

 

「彼女の家の窓に何か投げ込んで逃亡」。

 

..ガタガタガタガタガタ

 

しかももう一度、今度はガラス割れる音の後で大きく息を吐く音も入ってますよね?
「...何をしたの?あなた彼女に一体何をしたのーーー(汗)!?!?」って、気分はもう完全にサイコサスペンスㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅋㅋㅋ

 

だから、このあとに出てくるVCRの「くまのぬいぐるみにカメラ」のくだりを見た瞬間「...おまえだったのか...(°д°lll)!」と思ってしまいました(笑)。

※イメージ画像
f:id:mikimikan:20150502172731j:plain
/絶対君を離さない...♡\

(胸にはMADNESSの文字)

 

こじつけ妄想はわたしの平凡で退屈な毎日を楽しく愉快にしてくれます♡笑

 

 

…と、どうでもいい話はこのくらいにしてレポに戻るんだけど、そぷさんこの曲のサビの「離れたDestiny~♪」の後、「フォゥ!!」って叫んだ。ソプさんよく言うじゃないですか。自分のパート歌い終わってすぐ、特に気持ちがノってるときだと思うんだけど、おまけ付けるみたいに「フォー!」って。あのライブ感がすごく好きなんですが、この曲のあの場所で入れてくるとは思わなかったから驚いた!
フォー!が入っただけでこの曲に全く違うノリが生まれて面白かったです♡

 


●VCR (理想のイベント、部屋の飾りつけ)

ウギョル的な演出なのかな、1人ずつカメラの前でインタビューに答えている。「今日のデートはどうでしたか?」みたいな質問。ソンジェさんがめっちゃテンション上げて「楽しかったです~^^♡(拍手パチパチパチ)」とかやっていて可愛かった><。ここでもまた「富士急行きたい」って言ってた。ソプさんは「かっこいい姿見せたかったけど…よかったでしょ?」みたいなことを。ウンさんは「実はデートしたのはじめてなんですよ...これマジで」みたいなこと言って、あっはっはっはっ!って声高らかに笑ってた(笑)。

次の質問は「やってみたいイベントは?」。それぞれ理想の演出を語る。

ソンジェさんは花束。ウンさんは飛行機だったかヘリだったかに乗って、ハート型の島を見せてあげるって。でも「ものすごくお金かかりますけど?」と突っ込まれて、それじゃあハートの形に並べたキャンドルを用意すると。キャンドルの前でドヤるウンさんが映し出されると、会場からは笑いが(笑)。プニさんはペアルック、イルンさんは風船。風船のヘリウムガス吸って「のんなえちょんさ~♪」って。ほんとには吸ってなくてそれっぽい声を真似して出してたんだけど、すごく上手くて可愛かったww

 

で、ソプさん。「大きなクマのぬいぐるみをプレゼントする」。

「ふつうですね?」というツッコミに、低いトーンで「いや、違うんです...」みたいな感じで、自信ありげに話し始める。何かと思えば「クマの目にカメラを入れておくんです..」って。

 

会場が黄色くない悲鳴で包まれるwww

 

「いつも見ていたいから、食べてるところも着替えてるところも寝てるところも全部監視するんです、執着します」みたいなことを。照れたり冗談めかすどころか、若干ドヤりながらwwwこわいこわいwwwww

ソプさんのこのコメントが流れている間じゅう会場はもうザワザワしっぱなしで、ソプさんの声が聞こえないくらいでした(笑)。

このコメント中、ソプさんがクマの目を覗きこんでいる映像が挟まれるんですが、カメラに向かってどアップでにこーって笑うのが可愛かった><。やってることは完全狂ってるけどwww

 

 

また脱線しますが、この↑くだりで思い出したのが雑誌「haru hana」vol.16のBTOBインタビュー。恋愛をテーマにした二者択一の質問に、実際のソプさんはこんな風に答えているんですよね。

 

●連絡をマメにしない女の子は?→「アリ」→自分がそんなにしないスタイルだから

●デートに遅刻してくる女の子は?→「アリ」

●料理が苦手な女の子は?→「アリ」

●「あーん♪」とごはんを食べさせ合うのは?→「ナシ」→何だかきまり悪いです...

●洋服をお互いにコーディネートし合うのは?→「ナシ」→僕は僕のスタイル!

 

これ読んだ当時、あぁ~、この人は彼女に対して束縛したいという欲のない(=自分も束縛されたくない)タイプの人なんだな~と思って。。そういうイメージが強かったからなおさら今回の「クマにカメラ」というコメントは新鮮で、斜め上行くキャラ設定にウケましたwww
(でもソプさんてさ、彼女に着てほしいファッションだけはやたら具体的なんですよね...。おおらかに見せかけて実はめちゃめちゃ理想がありそうで笑)

 

レポに戻ります。

ミニョクさんはケーキのロウソクに火をつけて「これを消したらキミは僕のもの(彼女?)だよ」みたいなこと言ってた気が...記憶曖昧すみませんorz。
最後のシクさんは「ステージの上で語り弾きして公開プロポーズをするのが夢だったんです」というようなことを。

 

7人の理想のイベントが出揃ったところで、彼女(=メロディ)を迎えるために部屋の飾りつけを開始。風船とかぬいぐるみとか、それぞれのイベントに必要なものを準備。その映像が流れている中、実際のステージにも映像の中の部屋と同じように作られた部屋のセットが運ばれて来る。

 

 そして「未来(あした)」へ!

 

 

9. 未来(あした) 

VCRの中で着ていたのと同じカジュアルな衣装で登場♡ ダンスは無し、部屋のセットのソファに座ったりしながらリラックスムードの中で歌う。客席を眺めるBTOBのみんなの顔が、すごく優しくて(´;ω;`)

メロディちゃんたちのかけ声「つめーたくってー!」も「うぃっぽーふーみだす!」もちゃんと聞こえてて可愛かった^^。でもこの曲ってなんかもう、ソプさんの歌い出しから全部一緒に歌いたくなるメロディーですね(笑)。自分は日本語だろうが韓国語だろうがもうどんな簡単な歌でもびっくりするくらい歌詞を覚えないという特技(?)を持っているのですが、「あした」はリリイベで聞きすぎたからなのか、知らない間に歌えるようになっていました。笑

 


■MENT (本日誕生日のメロディちゃんにハッピーバースデー♪)

「はーい!みんな、僕たちがメロディのために、ラブハウスぅを用意しました。僕たちが飾りつけしたんですけど...気に入りましたかー?」

「待って。...待って」←発音がすっごいネイティブでおもしろかったw 「これ僕たちがぁ、ぷろぽーじゅしようと準備しますよねぇ」

「はい」

「でもぉ、プロポーズ前に、きほんてきなことを忘れました..」

「何を忘れました?」

「プロポーズもいいだ、けし、い..(混乱)..あれ?w//」「(笑)。プロポーズもいいことだったし、はい、イベントもいいことだけど!」「うーーん...。どんなことでも、じゅうじつさせなきゃいけませんね..」(会場:おぉーー!)「(会場の反応を受けて得意げにw) だよね?だよね??」

「じゅうじつ、じゅうじつさせなきゃ..。はい。だよね?」「じゅうじつ...」「じゅうじつさせなきゃいけませんね...」

 

ちょっと油断すると「じゅうじちゅ」になっちゃいそうな「充実」、すごく可愛かった(つд⊂)。このときソンジェさんひたすら「じゅうじつ」ばかり言うのなんでかなと思っていましたが、そうか、おそらく次のミニョクさん待ちだったんですね!ミニョクさん、次が自分の番だってこと忘れてボーっとしてたのかもしれない。つぎのセリフを笑いながら話し始めました(笑)。

 

「(笑)。どんな記念日より、大切な...」

 

するとここで、後ろのソファに座っていたイルンさんが、センターに立ちっぱなしのチャンソプさんに向かって強烈な一言を放つ。

 

 

イ「おーい、チャンソプ。...見えない( ¯−¯ )」

 

 

ちゃんそぷwwwwwちゃんそぷって言ったよwwwwwwwwwww

 

大好きなイルソプもめんとを日本で拝めるなんてええええ。゚(´っωc`)゚。

 

 

 

 

「見えない」言われたチャンソプさんはもうね、

 


「(´・ω・`)」←これ。

 

 

ほんともう、

 

 

 

「(´・ω・`)」←これ。

 

 

 

顔の隣に「ショボーン」って書いてあったもんㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠないけどㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠ

 

ソプさんががっかりして肩を落として見せる姿(시무룩...からの섭무룩)って、二種類あると思うんです。不満ありげにぶすっとするパターン(主にソンジェさんといるときw)と、寂しそうにしょんぼりするパターン。イルンさんに怒られたときのソプさんは、100%後者でした(笑)。すぐさまその場に座って、そのまま動かなくなって、たしかプニさんに慰めてもらってた(笑)。ソプさんてイルンさんにはめっぽう弱いですよねwwwww

ほんともう子どもみたいに可愛くて、会場にいた全てのメロディが「うわあぁぁーーーーちゃんそばぁぁぁぁ(´;ω;`)♡♡♡♡♡」ってなってたと思う。いや、なってないな..

まぁいいや、とにかく可愛かったですㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠ

 

 

「じゅうじつさせなきゃいけませんね!どんなことも...」

 

客席がまだまだザワついている中、シナリオを続けようとさっきと変わらないテンションで繰り返すユクソンジェ。

ミニョクさんはアドリブが入ると集中が途切れるのか、まだ準備ができてないっぽくて(笑)

 

「はい!ミニョクさん!...さっきも言った!」←ヘルプ①w

「言った!って…??」

「誕生日!言った!」←ヘルプ②ww

 

「どんな記念日より、たいせつな、誕生日。忘れちゃ...ないよ?」「それで、今日、お誕生日のメロディに、おいわいします!」

 

お客さんは一旦着席。本日誕生日のメロディちゃんにその場に立ってもらい、BTOBからバースデーソングのプレゼント♡ シクさんのキーボード生演奏に乗せて、Happy Birthday to You~♪ と英語で^^

 

すると歌い終わるや否や、再びすごいテンションで任務を遂行する人が(笑)

 

「じゃ!プレゼント!もういっかい!あげるねーー!!!!」

 

ハッピーバースデー歌ってしっとりした雰囲気に全く噛み合ってないㅋㅋㅋㅋㅋなんだろう、ソプさんのセリフ回しは何かが根本的に可笑しいんですㅋㅋㅋㅋㅋㅋたとえばCMのナレーションのようなㅋㅋㅋㅋㅋㅋやたらパンチが効きすぎて可笑しいんですㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ

 

「今日、うまれてきてくれて、本当に、ありがとう」「そして...おめでとう^^」

 

プニさんの「Listen up!」で、演奏開始。シクさん伴奏の「My Girl」ㅠㅠ

 

 

10. My Girl (Short ver. /キーボード:ヒョンシク)

贅沢すぎました...ミニョクさんの歌が大好きなのでピアノだけの伴奏でミニョクさんの声が聴けて嬉しかった;;

ここでもすごくいいムードだったのに、曲終わりにソプさんがまたセリフのような言い方で「おめでとぅ..」って呟くから、一気に面白くなっちゃった(笑)。その後続けて「さようなら..」って言ったの誰だったんだろう?w

 

 

■MENT 

イルンさんが「おもてなし」の「おめでとう」バージョンを言い、お客さんもメンバーも声を合わせて続ける。

ソンジェさんはなぜか誕生日メロディちゃんの年齢を聞く。「何歳ですか?」、「おいくつですか?」って。何千人の前で年齢を聞くってwwwと会場からは若干のブーイングも上がったけど、メロディちゃんお若かったから特に問題はなかった(笑)

ソンジェさんが「お姉さん」と言いたかったところを「あぁ…!お兄さん♡」と言ってしまい、間違いに気付いて笑うw

 

 

 ヒ「僕たちが準備してきたプレゼントがあるじゃん。..あるじゃん?w」「あげないつもり?」

 

語尾に「じゃん」を付けるスタイル、もうすっかりヒョンシクさんの定番となりましたね^m^笑

 

「..そうだ!あげなきゃ!あげなきゃ!!あげなきゃあげなきゃ!!!」

 

甲高い声で「あげなきゃ」を連発するソプさんwww なんかちょっとぶっ壊れたみたいになって、最初はセリフ調だった「あげなきゃ」が、だんだんとメロディに変わる(笑)。その辺歩き回りながら「あげなきゃー、あげなきゃー、あー↑げー↓なー↓きゃーーー↑♪ あっ、あっ、あげ、なーーきゃーーー♪」みたいに、めちゃくちゃな歌をww 最初スーパーマリオの音楽みたいに聞こえたけど、そういうわけでもなく。とにかくめちゃくちゃ(笑)。メンバーも「うるさい」ってw

 

ソプさんの暴走ってさ...

面白いんだけど、意図が見えないときがあって、なんかちょっとこわいよね(笑)。

そこがたまらなく魅力的なのだけど!w

 

「もう大丈夫もう大丈夫。大丈夫よ」と言ってソプさんを止めてくれたのは、やっぱりイルンさんでした(笑)。

 

「みんな。えいぞみましたよね」

 

お客さんもメンバーも聞き取れず「???」って空気。

 

「えいぞ?...あ、えいぞう!」

「えいぞう!見ましたよね?」「気をつけてー、ね?」

「何を??」

 

 

「..見てるよ(´・ω・`)?」

 

 

何かと思えばクマのぬいぐるみのことでしたㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ(実際ステージに登場したぬいぐるみは、VCRで映っていたような大きなものではなく、手のひらサイズ)。ソプさんの「見てるよ~~?」って言い方が本当にキモこわくてwwwww

 

「目ぇー、を!気をつけてねみなさん!じぇんぶ、見てます(`・ω・´;)!」「ほんと、カメラがありますか?」

「見ってーるよ...」

 

そう言ってソプさん、ぬいぐるみをソンジェさんの首元から服の中に入れようとする(笑)。やらしいか!ただのやらしいか!!ㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ

ソンジェさんに真顔で「おもしろくない」って言われて、そぷさん反射的に「やぁーごめんなさい;」ってまたしょんぼり笑。

 

「やっぱりチャンソプはぁ...こわい人だ。やばい人だ(笑)」

「...やさい(野菜)ひと。笑」←ただ思いついたことを口にしてみただけっぽい笑

 

どのタイミングだったか忘れたけど、このくだりの最中にソプさん、こんなこと言ってる自分にウケたのか素に戻ってくしゃって顔して笑っちゃった瞬間があった気がしたんだけど、どうだったかな...。それ見てなんか、うわー♡って思ったんです。たしか。...すみません違うかも、完全な妄想かもしれませんorz

 

ウンさんの「はいイルンちゃんっ」の一言で、イルンさんのセリフへ。目立たないけどウンさんがずっと進行を見守って、先へ先へ進めようとしてるんですよね(つд⊂)

 

「#$%&(早口すぎて聞き取れないㅠ)準備してきましたからぁ」「(風船を持ちながら)...バルーン...。イルーン、の、バルーン...」←wwwwww 「準備してきましたからぁ、ちょくせつ届けに行きましょうか?」

「はい。では僕たちが...彼女のそばに行きます」「あんぜんが、いちばん大事なことって...わかってる??わかってるでしょう?」

「喧嘩をしないで、ハイ」

「Monday to Sunday。僕たちは、キミたちのこと、いつも、考えてるよ」「...行きます!!」

 

そしてアリーナを歩きながらの、Monday to Sunday。

 


11. Monday to Sunday

メンバーそれぞれプレゼントを持ってアリーナに下り、メロディちゃんにあげる。

 

あちこちに散らばるから誰がどこで何をしているのかわからないし、入れ替わり立ち代わり通路を歩いてくるからもう冷静ではいられなくて...ほぼ何も覚えていません><;

通路歩いてくるソプさんは自分からファンに触れ合いに行く感じではなかったけど、ゴキゲンそうに手を伸ばしながらゆっくりゆっくり歩いてくれて、「触りたい人は触れるよ~」っていう感じに、隙を見せてくれていました;;

だから、すみません、自分も、少しだけ...orz

「CDも買ってないのに券も持ってないのにいいのかなㅠㅠㅠㅠㅠㅠ」という意味不明な罪悪感が頭をよぎりつつ、でも向こうから両手上げて指差した恰好で、へらへら~って、にこにこ~ってしながら歩いて来るから、なんかもう吸い寄せられるように手を伸ばして、指先少し触れさせていただきました、すみませんㅠㅠ (でもたしか、この曲のときではなかった。もっと後)

今回もまたいつものやつ書きます...。『目の前で見るそぷさんは男前でしかなかった』。

メンバーみんな第1バルコニーまで上がって、お客さんの目の前で一緒に歌ったり踊ったりしてるのが見えたんだけど、ミニョクさんには複数人の護衛(スタッフ)が取り囲むようにして付いて回っていたのに対し、ソプさんには全然付いてなかったのでちょっと笑った(笑)。そうか、そぷさんは1人で大丈夫なのだね!と(笑) 

 


12. 두 번째 고백 [二度目の告白] (Japanese ver.)

ステージに戻って二度目の告白♡ 「Monday to Sunday」に続いて「二度目の告白」という、甘くて可愛いナンバーのメドレーが最高に良かった!

ソプさんお得意の、メロディとの掛け合いもばっちり♡

 

「もう?」→(もう\(^o^)/!!)

「ぜんぶ?」→(ぜんぶ\(^o^)/!!)

「元通りにしてーえ~♪ 」「すごぉい!(グッ」

 

叫んだ掛け声に「すごぉい!」ってひとこと言ってもらえるだけで、なんかもう、お遊戯褒められた子どもみたいに嬉しくなっちゃいませんか。゚(´っωc`)゚。 ああ、ちゃんと通じ合えてるんだ!と思う。゚(´っωc`)゚。

そぷさんは、歌で、音楽で、会場を一つにしてくれる!「ライブ」にその名の通り命を吹き込んで、「生き物」にしてくれる、その術を知っている、滅茶苦茶かっこいいパフォーマーだと思います…♡

っていうかこのとき、メロディと一緒に「もう!」「ぜんぶ!」って掛け声入れてるの誰ですか...(汗)?もしかしてウンさん;;??周りを見る余裕がなくてわからないorz

 

曲の途中でウンさんがハケる。最初何かのトラブルなのかと驚いたけどメンバーに慌てる様子がないので、この先の展開がなんとなくわかる。それはつまり、ウンさんのソロコーナー...!!

 


13. ひまわりの約束 (ウングァンソロ)

歌の前に、語りが。

 

「君のために...僕にできることは、ただ、君を見つめるしかないけど...」「約束する。変わらない」。「それで、今日も、ここで、ひまわりのように、君だけを、見つめる」

 

もうㅠㅠねㅠㅠㅠㅠ言葉も説明もいらないですねㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠただもう、聞き惚れましたㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠソ・ウングァンさんという人に出会えて良かったと、心から思ったㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠ

 

 

●VCR (グループトーク)

全然思い出せないので省略。

 


14. 넌 나의 천사 [君は僕の天使] (ラップライン) 

自分にとってこの曲は「踊り狂いながらラップラインの3人に大発狂する曲」だったんだけど、曲のあいだじゅう客席が静まり返っていてすごく焦った(汗)。そうか、掛け声がない曲は基本こうなるのですね...!
のんかんどんにゃのこともそうだったけど、自分は何かが少しずつズレているらしいことがわかり...今回のコンサートで、すごく勉強になりました(つд⊂)

 

 

●VCR (グループトーク)

全然思い出せないので省略。

 

 

15. 끝나지 않을 (MELODY) [終わらない (メロディ)] (ボーカルライン)

チャンソプさんが間奏で「みなさんありがとごじゃいまーーーす」「ほんとにしあわせです...」と。

最後のファルセットがねㅠㅠCDに入ってるのと違う、もっともっと高いファルセットㅠㅠㅠ本当に綺麗でㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠ

 

 

●VCR (グループトーク)

全然思い出せないので省略。すみません。
ここで「やったことのない曲やろう!」って流れになって、次のメドレーに続く。

 


16. Press Play (Short ver.)
17. Stand Up (Short ver.)
18. 왜 이래 (Why) [どうして]

ファンになって数ヶ月のど新規な自分にとってはどの曲をやってもらっても感動する気持ちはほぼ一緒なわけですが、長年のファンの方々にとっては、この3曲はとんでもないサプライズであり、お祭りコーナーなんですよね…!?

その割に、盛り上がりがイマイチだったのは気のせいかな?Press Playのイントロが流れたときの歓声も、それほど大きくなくて。振り付けがあるわけでもないので、メンバーもステージの上でちょっと持て余してる感じがして、あれれ?となった。(その反省を生かしてなのか2日目は登場時に一列に並んでゾロゾロ出てくるという可愛い演出を加えていたw)。曲の途中途中で「この曲、最初だよ!(コンサートではじめてやるんだよの意)」ってミニョクさんがアピールするのが可愛くて^^

「move your body」って歌われたからには踊るしかないよね!ってことで、踊り狂った!!

 

「うぇいれ」は大好きな曲だったので聞けて嬉しかったです...!この曲も何気に踊れる曲ですよね。こんな良曲をコンサートでやったことがなかったなんて意外すぎました( °д°)。スタンドマイクで歌ったのってこの曲だったっけ?かっこよかった。セクシーだった><。

余談ですが、これまでにリリースされた6枚のミニアルバムの中ではうぇいれも収録されている3rdの「Thriller」が一番好きかもです。自分好みの音しか入っていない!何度も繰り返し聞きたくなる名盤...!だがしかし、いかんせんトラックが少なすぎる...よ、ね(つд⊂)

 


●VCR

「별」をBGMに、BTOBのみんなが机に向かいメロディに向けたメッセージを書いてる映像。内容はほとんど忘れた(笑)。ソプさんの文字だけすごく大きく汚く見えて、なんでだろう、たしかこんな字じゃなかったような...と思っていたんだけど、ソプさん右手で書いていたんですね!?(初日は気付かなかった;)
7人全員同じ角度で揃えて撮りたかったのかもしれないけど、そこまでしてこだわらなくても、ねえ?^^;

このVCRのメイキングがあったら見てみたいですw

 


19. さくらいろ

まったりした空気の中7名様登場。まったりしたさくらいろ♡

この曲のときだったかな...あれ、それとも「あした」のときだったかな...?ごめんなさい忘れちゃったけど(汗)、ソプさんが一瞬左耳のイヤモニを外して歌っていて、なんかちょっと音が取れてないような気がした。でもリラックスしてる感じが伝わってきてすごーーく良かったんです(*´∀`*)

この日もやっぱり、他のメンバーが主旋律を歌っているとき、ウンさんがハモってた!ハモってあげてるのはウンさんだけだった。さすがです♡

 


20. 별 (Star) [星]

いつ聴いても、何度聴いても、良い曲は良い曲(´;ω;`)

 

 

■MENT (エンディング挨拶+メンバーと一緒にVCR見る)

「はーいみなさん。さびしいですけど、もうそろそろ、わるぃ時間ですねぇ..」

「『おわる』です(汗)。『わるい』じゃないw」

 

このタイミングで言い間違えるとは...!笑
ウンさんさすがですㅋㅋㅋㅋシクさんもさすがですㅋㅋㅋㅋㅋ

 

「あっ(汗)。おわる、おわる時間です」「あぁ~、みなさんっ。僕たちは、あぁー...皆さんの、彼氏だ、と...(マイクの調子が悪く声が聞こえないㅠㅠ)...しあわせです、し、ドキドキするですね..」「皆さんもどうですかー!?ドキドキ(笑)?」(イェー\(^o^)/!!)「じゃ、BTOBのみなさんは、今日どうでしたか?」

 

..と聞いてみるも、結局ウンさんから(笑)

 

「あぁー...。今日。今日....。ソロ!ソロは...どうでしたか///?」(拍手&歓声\(^o^)/)「ありがとごじゃいました..はい...」「ぼくは...じちゅは、今日、今日がはじめての日本のコンサートだから、すごく緊張、して。さっき、ごはんも食べ.......食べられました」

 

(お客さん:えぇー!?笑)

 

「食べれません...」

「あ、食べられました」

「食べ、れませんでした」

「ませんでした(´・ω・`;)。はい...」「でも、やっぱりみなさんのー、みなさんの、愛を感じて、はい。ほんとに幸せでした...」

 

「ウングァンさんのソロ...個人的には、ウングァンさんが...ドラえもんモノマネをしてぇ、出たら、もっと...(笑)」

「あー、その曲はー..かっこいい曲、ですから..(`・ω・´)」

「はい。そして。...そして?」←進行w

「あ、そして。みなさん!」「そばにい~たいよーーー♪♪♪」←ひまわりの約束再びㅠㅠ 「あいしてるよーーー///」

 

イルンさん小さな声で「...可愛いね」って呟いたw

 

「次は僕がしようかなぁ」「...あー、僕は最近、夢ようなことが、たくさんありますよねぇ。韓国でドラマもしますし、日本のコンサートもしますし、あー、お仕事が多くて、ちょっと...休む時間も遊ぶ時間もー、ないけど...。ぜんぜん、ぜんぜん、疲れないよ?」「なんか、なんか....今のお仕事が、ちょー...おもしろい、ですよ」「全部、皆さんのおかげさまだと思いますよね」

「で。からだ、からだー、は、疲れてますが。ほんと、皆さんのおかげさまで、がんばる、がんばれる、と思います」「これからも、私、一生懸命するから、はい。...応援してくださいよね!」

 

私は間違いなく、この二十歳になったかならないかの青年に、人生について、教えられているㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠソンジェさんㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠ貴方と言う人はㅠㅠㅠㅠㅠ本当にㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠ

 

 

次!ミニョクさん。

 

「あー...。あっという間、もう終わる時間ですが、僕は...さびしくないです」(えぇー(´・ω・`)!?)「だってメロディは、明日も会えるし...(笑)....、あさっても、夢の中で会えるし!」「ずっと、ずっと、いつまでも会えるから。...もちろんちょっとさびしいだけど(笑)、大丈夫です」「皆さんを...まじで。キミたちのことが、まじで好きです」「今日はほんっとうにありがとうございました。もっと...頑張りますから、もっと........愛してくれ//」「(笑)。ありがとうございます」

 

 

ヒョンシクさん。

 

「あー...んふふふふ(笑」

「うわきものー、先輩ですね^^」

「違うよ~」

「ごめんっ(`・ω・´)」

 

「今日は、メロディのおかげさまで....本当に、わくわくして、本当に、しあわせでした」「あー...。毎日毎日が、忘れられない時間です。ほんとに、今ほんとに、しあわせです」「皆さんも、絶対、わすれないで。はい。....大好きだよ^^」「ありがとごじゃいまーす」

 

 

チャンソプさん。

 

「きょう、ほんとうに、しあわせ.....でした」(マイク外してウンさんに「です」か「でした」か、過去形を確認してからもう一度) 「…しあわせでした」

「わたしー、は、いつまでも、あなたの、きゃぁしゅ(歌手)。みなさんの、きゃぁしゅ(歌手)」「..かしゅだ。いつまでも」「....やくそくするよ」

「んーと、さいご、いっしょに」「"ずっと?いっしょーに?"」(いよーねー\(^o^)/!!)「おー!すばらしー!(裏声)」「またあした、あいましょ!」

 

 

コンサート当日のエントリーにも書いた通りですが、ソプさんのこのコメントは今回のコンサートのコンセプトからはなんかちょっと外れていて、彼自身のこだわりのようなものが、強く感じられました。短いコメントではあったけど、自分の言葉で話してくれたことがすごくすごく嬉しかったです。゚(´っωc`)゚。ソプさんのきゃしゅ(歌手)としての人生に、ファンという立場で、ご一緒させていただきたい..!と思った;;

 

 

プニエルさん。

 

「あー...。わたしは...」

「おぉ!日本語で!?」(会場からも「おぉーーー!!」の声)

「......여기까지(ここまで)。笑」ww

 

ここからはプニさんの韓国語のコメントを、他のメンバーが訳してくれる。ソンジェさんが「マジでありがとうございます」と(笑)。

 

イルンさんの通訳をそのまま。

「デビューしたことが短いですけど、コンサートするのを、ほんとありがとうございます」「メロディのおかげさまでーす、ありがとうございまーす」

 

イルンさんの見事な通訳に、会場から拍手が起きる^^

 

 

そして最後はイルンさん!

 

「メロディ!俺たちが彼氏だから、しあわせですか?」(イェー\(^o^)/!!)「....本気で?」(イェー\(^o^)/!!)「実は!俺のお姫様たち....メロディが、俺たちの彼女だから.....。俺たちが、しあわせですね...」「それが大事ですよ....」

「あー..。そして、なんか、いいこと..いいこと......他のメンバーが(笑)、全部したから...」「したいことは、したいことは、ただ、これだけね」「....あいしてるよ//」

 

「BTOBの?」(てんしー\(^o^)/!!)

「BTOBの?」(てんしー\(^o^)/!!)

「いつまでも?」(てんしー\(^o^)/!!)

「(笑)。ありがとう^^」

 

「あぁ!そして、そして、僕たちがメロディのために、準備したことがあるじゃん?」

「あります」

「一緒に見ましょー!」

 

そうして、ステージ後ろのスクリーンにVCRが映し出される。メンバーも振り返って見る。スライドショーのようになっていて、メロディやスタッフに感謝を伝えるようなメッセージが、字幕で。BGMは「U & I」。(正直この曲はBGMで使うんでなく歌ってほしかったなㅠㅠ個人的にBTOBの持ち歌中、一番泣いてしまう曲かもしれません...無条件で涙腺に来る、やばいくらいに来てしまいます、この曲はㅠㅠㅠㅠㅠㅠ)

 

 

VCR終了後。

 

「あぁーー、あまい!」「やっぱり僕たちをしあわせにしてくれるのは...メロディですね、はい...」「皆さんはどうですか?僕たちがいるから、しあわせですか?」

(ねーー\(^o^)/!!!)

「じゃ!このいきおいで、最後まで、盛り上がりましょ!!」

 

 

お待ちかね、マジックタイムだよ~\(^o^)/!!!!!

 

 

21. MAGIC TIME

この曲でソプさん転んだんですよね!?おそらくかなり豪快に!?

ステージ向かって左奥での出来事だったと思うんですが、自分が気が付いたときには既に大の字に寝ころんだ状態で。痛かったのか恥ずかしかったのか、動けずにしばらくそのまま(笑)。ソンジェさんがすごい笑いながら引っぱり上げてあげてました^m^
曲が終わるや否や、そぷさん「はぁずかしぃーー!!!!」って叫んで(笑)。相当引きずっていた模様ですwwww

お客さんもメンバーもすごく盛り上がっていて、リリイベで見たマジックタイムとは全然違ってた!プニさんがラップパートをCDどおりの音程じゃなくて、崩して叫んでたのも楽しかったし。「泣いてばかりの恋は no more~」の部分のソプさん、初日はピースで、2日目は右手で頭の上に♡の形半分作ってました^^ 

あと、そう!一つすごく覚えているのが、「さあはじまるbrand new day!!」の部分。ソプさんすごく気合いが入っていて、床をダンッって踏みしめてから「brand new day~!!」って歌ったんです。具体的にどのタイミングでどういう動きをしてたかは忘れちゃったんだけど、とにかく初日の「brand new day」が、なんかすごくかっこよかった!!DVDになったら一番に確認しなきゃです><。

 

ところでこの曲も、どうしてあんなCDクオリティで歌えるのかが不思議でならない。。すごいの通り越して、なんかちょっともう、おかしいよって思うくらい(汗)!ゴールデンタイムの音楽番組で、ライブで聴かせる機会が一度でもあればいいのにㅠㅠ 「韓国アイドルがコテコテのJ-POPをなんだかわからないがとんでもないクオリティで完璧に歌いこなしているぞ(そしてなんだかすごくいい曲だぞ)」と、日本列島に衝撃が走るだろうに(つд⊂)

 


22. Shake It

しぇいき!

この曲を始めて聞いたときはちょっと衝撃だった。BTOBは90年代前半のユーロビート全盛時代を思い起こさせる曲が多いですね。メロディラインが若干トロットっぽいところもダサ面白いというか、ダサかっこいいというかw
こういう曲、BTOBの皆さんや同世代のメロディちゃんたちにとっては初めて出会う「1周目」の音楽なのだと思うけど、自分にとっては確実に「2周目」で、何を聞いても、どれを聞いても懐かしさを感じてしまいます(泣笑)。

さてこの曲はダンスバトルがあるんですね!ステージ2階の両サイドにある、一段高くなっている台(お立ち台?w)に上がってダンス。向かって左がチャンソプ、イルン、ヒョンシク、プニエルのチームで、向かって右がソンジェ、ミニョク、ウングァンのチーム。

初日にお立ち台に上がったのは、イルンさんとソンジェ&ミニョク !イルンさんのジタバタしたダンスが大好きだ...(つд⊂)!ソンジェさんとミニョクさんは...あの釜山コンでやってたのと同じやつ。重なって腰動かしちゃうあれㅋㅋㅋㅋㅋ
途中でウンさんがミニョクさんと交代したら、ソンジェさんがめちゃめちゃ怯えてた気がするww

この曲の「終わると見せかけてまた戻って来る」という様式はすじゅで言うところの「Rockstar」に完全一致しているので、同行してくれたELFの友人もこの曲を聞くとすぐにRockstarを思い出したみたい(笑)。演ってるほうも大変だけど、見てるこっちも体力勝負だよねwww楽しかった!!!

 

 

- アンコール -

23. Catch Me

イルンさんの「...いいコだね..。もういっこ、いきましょーか!」「レッツゴー!!」って声が聞こえて、BTOBが再びステージに!ツアーTシャツに着替えた皆さんめちゃめちゃ可愛かった。゚(´っωc`)゚。(アンコール見てTシャツ欲しくなって帰りに買いに行ったけど(単純すぎる)、時すでに遅しだったww 売り切れwww)

キャッチミーが、これがまた懐かしすぎる音で。゚(´っωc`)゚。タイムスリップしちゃったのかと思うほどに懐かしい。ラジオ番組で「'87年の全米大ヒットナンバー、キャッチミーです」とか言って紹介されても案外バレないかもだよ(笑)。この曲大好き!

アンコールもまたアリーナに下りてきたから、わけがわからなくなりました^^; ソプさんが通り過ぎた後は行方を探そうと必死に見回したんだけど、後ろのほうに行ってしまうともう全然見えない!なので潔くあきらめて、入れ替わり立ち代わりやって来るメンバーや、ステージでお留守番しているメンバーを目で追いかけながら、飛んで跳ねて遊ぶ感じで!めいっぱい楽しみました!^^

 


24. 여보세요 (Hello) [もしもし]

クライマックスに縦ノリのロック調の曲を入れてくるのはみんな一緒なんですね~。「Shake it」が「Rockstar」に当たるのだとしたら、「Hello」は間違いなく「Wonder Boy」ですね(笑)(←すじゅぺんさんにしか通じないですがすみません)

 

最後は7人全員手をつなぎ、ステージの右へ左へと移動し、お辞儀。公演が終わるとあっさりハケるイメージのあったチャンソプさんですが、初日はそれなりに残ってくれてた気がします。ソプさんの最後の言葉は「まった明日あいましょーーー!!!!」でした。(明日来れないお客さんもいるんだから、この言葉はどうかと思うけどね(´・ω・`)苦笑)。
最後はミニョクさんが発泡スチロールのハートを客席に投げ入れて帰って行きました^^

 

 

そんなこんなで、初日公演は無事終了!お疲れさまでした!

 

書き始めてはみたもののものすごい量でどうなることかと思いましたが、なんとか最後まで終わらせることができました;;。やったー;;。後半行くに従ってレポがどんどん雑になっているように感じるかもしれませんが、気のせいです。...いや、気のせいではありません。バテました。そして忘れました。ごめんなさい。笑

気持ち悪い長さになってしまったので、ここまで読んでくださるかたがいるかどうかわかりませんが...あの日の空気を少しでも感じていただけたら幸いです><。

 

残念ながら今回のコンサートに参加できなかったお友だちへ。いつもお世話になっているお友だちへ。お友だちではないけど一方的にお世話になっているメロディ様たちへ。お友だちでもないしお世話にもなっていないけど、同じメロディ様たちへ。お友だちでもないしお世話にもなっていない、もしかしたらこれからメロディになるかもしれない、どなたかへ。捧げる、レポでした。ありがとうございました!

 

※間違いにお気づきになりましたら、コメントやメール、Twitterで是非ご指摘ください><。

※30日のレポはもっとあっさりにします^^ いつになるかわかりませんが、ぼちぼち書いていきます~