読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【150330】 リリイベ@ヴィーナスフォートのこと (おまけ)

BTOB そびれぽ(イベント&ライブレポ)

自己満足でしかないことはじゅうぶんわかっているのですが書いて吐き出さないと次に進めないのでまとめときます。。

 

 

3月30日。リリイベ最終日。
とうとうこの日が来てしまいました。

手元に残ったイベント参加券はあと2枚。

 

 

チャンソプさんのサイン会券。

 

 

チャンソプさんのチェキ会券。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェキ会とかてめ何考えてんだこのやろう

 

 

 

って話ですよね。ほんとに。

いやこれほんとにㅠㅠㅠㅠㅠㅠ

 

ほんの一ヶ月前ここで「わたしが近づいたらBTOBが穢れる」とか言ってたくせに、なにてめ更に近づこうとしてるんだよっていう。わかってるんなら身の程わきまえろよっていう。自分の発言のてきとうさ加減に自分でもびっくりですすみませんすみません

 

 

もはや誰に向かって話してるんだかわからないけど、言い訳させてください..ㅠ

 

 

元々はサイン会だけ行くつもりでいたんです。チェキは、TLに流れてくる皆さんのお写真見て正直すごく羨ましかったけど、やっぱり、どうしても勇気が出なかった。ただのビビりなくせに「そっ、そんなことのためにファンになったわけじゃないし!!」みたいな、薄っぺらいプライドで誤魔化してたりもして。

 

だから最初は、サイン会券だけが手元にある状態だったんです。
それでいいと思ってました(つд⊂)

 

でもその後、思いがけずソプさんのチェキ会券をお持ちのかたが声をかけてくださり、わたしの持っているサイン会券と交換しませんか、とおっしゃってくださって。

望んでもいなかったはずの信じられないような有難いチャンスを目の前にして、ものすごく迷ったけど、これをお断りしたら絶対一生後悔するし、罰が当たると思いました...。 だって本当はふつーにすごくチェキ撮ってみたかったorz 

 

 

 

そういうわけで、清水の舞台から飛び降りる覚悟で、譲っていただくことにしたのです。。

 

 

そんな

信念も勇気もない、
激流にただ流れ流されただけの、
ダメ人間の、

レポ、

です↓

 

 


 

チャンソプさんサイン会:

チャンソプさんのファンになって以来ずーーーっと伝えたいと思っていたことがあったので、文法合ってるのかどうかもわからないまま考えた台詞を何度も何度も練習して、サイン会に行きました(つд⊂)

この日のソプさんのテンションは「ふつー」。疲れてぐったりしてる感じでもなく、ハイな感じでもなく、いたって「ふつー」。「こんにちはー」って挨拶をして、名前聞かれたから「みきえよ!」と答える。この後の出来事のせいで最初の記憶がほとんどないのだけど、たしかこの日はさん付けしてくれたような気がする。。

 

チャンソプさんがサイン書いている間、思いきって話し出す。

 

 

自分:「ちゃんそぶし!」

 

ソプさん:「...........」(下向いてサイン書いてる)

 

 

自分:「おんじぇが、いるぼねそ...」

 

ソプさん:「....................」(下向いてサイン書いてる) 

 

 

 

自分:「そろこんそとぅ へじゅせよ(`・ω・´;)」

 

ソプさん:「...............................」(下向いてサイン書いてる) 

 

 

 

自分:「.......................................(`・ω・´;)....................」

 

 

 

 

 

 

 

 

(`・ω・´;)

 

 

 

 

 

 

 

 

やっちゃったかなこれ (`・ω・´;) (`・ω・´;) (`・ω・´;) (`・ω・´;) (`・ω・´;) (`・ω・´;)

 

 

 

 

 

 

 

 

チャンソプさん、わたしの言葉に全く反応しなくて。゚(´っωc`)゚。wwwあまりに無反応なので、聞こえてるのかも、意味が通じてるのかもわからない。゚(´っωc`)゚。www

 

会場は騒がしいはずなのに、まるでソプ席だけ防音でもされてるんじゃないかと思うくらいの静寂で(そんなことないけど。自分がそう感じていただけだけどw)。やっぱりこういうこと言われるのイヤだったかな、グループ活動中にソロ活動の話とかおまえ何言ってんだよ空気読めよって感じだったかな、しかも「日本で」とかおこがましいわっていう。だよな、そうだよ、絶対そう、やっちゃった、わたしやっちゃった、とか、数秒の間にとんでもないスピードでものすごくいろんなことを考えて、もう怖くて怖くて、全身の血の気が引いていく感じがしました。魂はちょっともう半分くらい体から飛び出てた気がする。「終わった...」って、本気で思った。

 

でも。

 

これまでのように「ありがとごじゃいまーす」であっさりお別れする流れをイメージしかけたそのとき。

 

 

サインを書き終えたソプさんが

 

フォトブックをこちらに差し出しながらひと言

 

 

 

 

「ぼくもしたいです」

 

 

 

 

みたいなことを、言った。

 

(完全には聞き取れてない、でも「ちょど ○○○しっぽよ」って言ったのは聞き取れたからたぶんポジティブな回答だったと思うんですそう信じたいんです違うかな違ったらどうしようㅠㅠㅠㅠㅠ)

 

 

 

さっき「終わった」はずだったサイン会がまだ終わっていなかったことに気付いたわたしは、とりあえずパニックに。抜けかけた魂を引き戻して、反射的に「わぁー( °д°)!!」かなんか、言った。よく覚えてないけど、たぶん。

 

何に驚いたって、「ぼくもしたいです」のときの喋り方が、なんかすごく素な感じだったんです。作り笑いもなく、冗談めかすこともなく。真顔。

 

なんていうか、雰囲気でいうと

Cr. morning star

f:id:mikimikan:20150411001345j:plain
こういう感じのような

 

Cr. Meet 섭

f:id:mikimikan:20150411001406j:plain
こういう感じのような..

 

こちらの鬼気迫る物言いにドン引いたのだけなのかもしれないけど(たぶんそうだよ(・∀・))、その場のノリで話を合わせる感じじゃなかったことに、とても驚きました。万が一返事をもらえたとしても「どうでしょうね~」とか「ガンバリマース」とか、それくらいの感じを予想していた自分には、有難すぎるひと言でㅠ

 

言いたいことは言えた(し、通じた)けど、でもまだここで力尽きるわけにはいきません。会話はキャッチボールです。。投げられたなら受け取って、また投げ返さなければいけない。

ちゃんと聞き取れてもないくせにポジティブな回答だとなぜか確信したわたしは、最後の力を振り絞って「きだりっけよ...!」と言う。精神力的にも語学力的にも、これがわたしの限界でした..ㅠㅠ

 

ここまでずっと真顔だったチャンソプさんでしたが、最後はすこし作り笑いをして「ありがとごじゃいまーす」と返してくれました。サインを受け取って、おしまい。

 

 

数秒間の沈黙で崖から突き落とされたくらいの恐怖を味わった分余計に、そのあとの取るに足らないやり取りが、何にも代えられない宝物になりました(つд⊂)

f:id:mikimikan:20150411143555j:plain

 

 

 

あっ。
誤解のないように少し書いておきます..。
日本でソロコンしてほしいという願いはなにも「チャンソプさん1人だけ活躍できればいい」という考えから生まれたものではありません><。アイドルグループのメンバーがソロコンをするにはグループ本体が活躍できていることが大前提なわけで、BTOBがそこまで登りつめてくれることを信じての、それも込みでの、「ソロコン熱望」なのです。。みんなでそこまで行けよ!?待ってるぞ!!っていう。

それともう一つ、ソプさんがソロのステージで見せるユニークなパフォーマンスは普段アイドルを聴かないような人(+自分くらいの世代で洋楽を好んで聴いてきたような人)のアンテナにも引っかかるものだと思っているので、イ・チャンソプ個人の活躍がBTOBに新たなファン層を運んで来る可能性も大いにあるんだよってことを自負してもらえたらいいな、っていう。なんか、そういう想いもあったり。

とにかく今の時点で自分の中にある、ソプさんへのありとあらゆる想いを凝縮して出てきたのが、いつか日本でソロコンしてください、だったんです。。もちろんその全てがソプさんに伝わったとは思わないですがㅠ

 

 

とにかく伝えたい言葉は伝えられたので、もう思い残すことはありません。最後のサイン会券を最終日に持ってきて正解だったのか始まる前は不安だったけど(うまくいかなかったときにリトライできないから)、結果的にこれで良かったと思えました。感無量ですㅠㅠ チャンソプさん、貴重なお時間を頂戴してしまい、すみませんでした。ほんとうに、ありがとうございました。その日が来ることを信じて、首を長くして、待っています(つд⊂)

 

 

 


 

ここまで↑書いて読み返してみたけど、1分にも満たないであろうサイン会にこれだけの念込めて臨むファンおつwって自分のことながら笑ってしまいました。。こわいこわいwwwww

レポと称してこんなドラマチックに書いてはいるけど、実際の現場を傍から見たら、ほんとうに些細な、どってことないやり取りなんだよね。黙々とサイン書くアイドルと、机挟んだこっち側に青ざめた手汗のすごいおばさんが立っているだけで、そこにドラマなんてものは存在しない(笑)

 

でもね、サイン会(とかチェキ会とかハイタ会とか)に参加したかた1人ひとりがこんな風に自分だけのドラマをお持ちなんだろうなと考えると、これすごいなって思うんです。上映時間数秒~数十秒のドラマが、このリリイベで何百、何千話と生まれたんだ。一つとして同じストーリーはないんだよ!そう考えると、胸がいっぱいになる(´;ω;`)

 

みんな家帰ったらまたちっちゃい画面で写真とか動画見てさ、「あれ現実だったのかな...」って思うんだよ。キラキラしたステージの上でライト浴びて歌って踊るお仕事している人たちの現実と、自分の現実が、たとえ数秒でも交差するなんて奇跡でしかない。金払えば誰でもできんじゃんwwって話だけど、いやでも、その存在を知らなかったらできないじゃない。知っていたとしても、自分の中でその価値を見い出せなければこれほどの感動にはならないし。全てのタイミングがちょうど良く揃って、はじめて訪れる出来事。

まぁ実質CD売るための汚い商法で(ぶち壊し)、それに乗っかったのは紛れもない自分なんだけど、それで一生の思い出を手にしたことも、悲しいかな事実で。

抗議の意味も込めてリリイベに参加しないという選択をされているかたもきっといらっしゃると思う。わたしは強くなれなかった...。リリイベというものに参加するようになって、思い知らされたことがある。音楽が大好きなのと同じくらい、わたしはアイドルが大好きなんだorz 正当な機会が与えられるのなら、近づいてみたいと思うし、話してみたいと思う。わたしはそういう人間だった。BTOBと話さないで終わる人生と、ひと言でも話して終わる人生なら、迷わず後者を選ぶもん(つд⊂)。

だから、残念すぎる音楽業界の集計システムは今後良識ある音楽業界の人たちがなんとかしてくれることを信じて、わたしはこれがどれほど貴重なご縁だったのかにフォーカスして、ひたすら感謝して生きようと決めた(つд⊂)

もちろん、こんなやりかたでCDを売り続けることには一生共感しないけどね!リリイベもうやめますって言ってくれたら、二つ返事で応じるよ\(^o^)/♡(そのときはもうさ、有料サイン会とか有料チェキ会にすればいいんじゃないかな^^(なわけ。でもそっちのほうがまだ健康的だよね)

 

何が言いたいのかわからなくなっちゃった...。
BTOBも、メロディさんも、スタッフさんも、みんなみんな頑張った!お疲れさまでした!!という話です。たぶん..。

 

 

そんなつもりはなかったのに、とんでもなく長くなってしまった;;
ので、
チェキ会の思い出は次のエントリにします><。