読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

余談ですが新潟には水原(すいばら)という地名があります

冬にはね、瓢湖(ひょうこ)っていう湖に白鳥が飛来するの。
是非見に行ってください。
 

 

 

f:id:mikimikan:20150131010421j:plain

のど自慢

男は黙って

Tシャツにデニム (字余り

 

なんなの…わたしが好きになる人はなぜこうも「デビュー前後で劇的な大変身を遂げる人」ばかりなの…(お直しって意味じゃなくて。洗練されるって意味で)。そういうところがまたたまらなく魅力的だということなのですが。

 

チャンソプさんが大賞を獲った大会の正式名は「第16回 水原(スウォン)歌謡祭」だったんですね。ウィキ見て「Happy Suwon Festival」検索したら全然引っかからなくて焦りました。ウィキのBTOB情報はちょいちょい怪しい。

「水原歌謡祭」という名前から、地元のお祭りのカラオケ大会的なものを想像していましたが、そうじゃなかった。地方開催ではあるけれど、れっきとした全国大会なんですね。2008年、栄えある大賞を受賞したのは水原(スウォン)サムイル商業高校2年生のイ・チャンソプ君。とてもじゃないが高2とは思えない完成された歌声(とその素朴な出で立ちとのギャップ)に、瞬きするのを忘れました。

 

イ・チャンソプ「ソウルの月」(オリジナル→キム・ゴンモ)

桁外れに上手いのはもう誰がどう聞いたってわかるんだけど、9番イチャンソプ君(高2)の何がすごいかと言えば、オリジナルのキム・ゴンモさんの歌に全然寄ってないんだよね。普通オリジナルがある曲を歌おうとすると、どうしても歌手本人の歌い方に似てきちゃったりするものだと思うのだけど、そういうのが一切感じられない。9番イチャンソプ君(高2)は既に自分のスタイルを確立している。歌声に確固たる世界がある。脱帽です。体重のせいなのかな、今よりむしろ声が太い感じもしたりして。

関係ないけどこの曲聴くとどうしてもキュヒョンさんの「Smile」を思い出す。メロディちょっと似てるところがある。

 

 大賞発表。舞台袖からすっ飛んでくる9番イチャンソプ君(高2)のなんと可愛いことか

 

地元のニュースサイトにも記事が。これが歌い手イチャンソプとしての初めてのニュース記事になるのでしょうか。

가수의 등용문 . 제16회 수원가요제 전국대회

「大型歌手が夢であり、応援に来てくれた友人に感謝」とコメント。いいこと教えてあげるね、ところがどっこい、4年後、キミは大型アイドルになるのだよ!!

 

 

このModern Music Academyというのは何なの?CUBE練習生になってから通い出したってことでいいのかな…わからない泣。とにかくここでも「ソウルの月」。弾き語り。

BTOBのみなさんてどうしてこうなんでもできるの…こわいこわい

それにしても、この人をアイドルとしてデビューさせようなんていう考えに何をどうしたらたどり着くんだろう。バンドプロジェクト時代のチャンソプさんを見れば見るほど、不思議な気持ちになる。日本でバンドやってるコが、バンドじゃダメそうだからジャニーズ応募しようとはならないじゃない。韓国芸能界発想がフレキシブルすぎるよ。ありがたいことだけれども。

 

 

 

今夜は千葉の月など見上げながら眠ります(出てないです

Cr. LUCETE
f:id:mikimikan:20150131034132j:plain

おやすみなさい^^

 

 

 

150206追記:[140721] イ・ソラの歌謡広場 「ソウルの月」