読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デビュー~2014年上半期までの活動について調べてみた

個人のプロフィールを勉強する前に、「リグヴェーダ ウィキ」という日本でいうところのニコニコ大百科みたいなサイトにBTOBの面白い紹介文があったので、勢い余って訳してしまいました(もちろん超てきとう)。ただ残念なことに、ティティパンパン以降の活動については全く記述がないんですよね…編集者様帰って来て…(つд⊂)。それでも自分にとってはこれまでの活動の流れを知ることができる貴重な資料なので、中途半端ではありますが記録しておきます。自分で訳しておきながら全く意味がわかっていない部分も多々ありますので、万が一質問をされてもお答えできることはありません、すみません。それとこちらは編集者様のファン目線による解説ですので、内容に同意できない部分があっても私のせいじゃありません、すみません。脚注を訳す体力が残ってないのでいつか追記しておきます。

 

出典:RigVeda Wiki (γ): BTOB

BTOB

f:id:mikimikan:20150122004054j:plain

BTOB
ソ・ウングァン
イ・ミニョク
イ・チャンソプ
イム・ヒョンシク
プニエル
チョン・イルン
ユク・ソンジェ

Contents 
1. はじめに

2.活動

  • 2.1. デビュー前
  • 2.2. 2012年
  • 2.2.1. バラエティやその他の放送出演
  • 2.2.2. 秘密(Insane) - 2012/3/21
  • 2.2.3. Born TO Beat - 2012/4/3
  • 2.2.4. 父さん- 2012/5/3
  • 2.2.5. Born TO Beat(Asia Special Edtiton) - 2012/5/23
  • 2.2.6. Press Play - 2012/9/12
  • 2.3. 2013年
  • 2.3.1. バラエティやその他の出演
  • 2.3.2. 二度目の告白 - 2013/4/10
  • 2.3.3. スリラー - 2013/9/9
  • 2.4.  2014年
  • 2.4.1. バラエティやその他の放送出演
  • 2.4.2. ティティパンパン - 2014/2/17

3. SNS

4. 所属事務所への批判

5. 私語と過去のBTOB項目の内容

 


1. はじめに

大韓民国のアイドル。 CUBEエンターテインメント所属である。ハングルで読むときは「ビトゥビ」。

チーム名は「Born To Beat(ビートするために生まれた)」の頭文字をとった組み合わせで、「新しい音楽(ビート)と舞台を披露するために誕生した」という意味と「勝つ」「圧倒的である」という意の「音楽で世界中のリスナーを圧倒するために誕生した」という、二つのチームモチーフを持つ...と、キューブは言う。
ファンダムの名前はBeatとマッチするMelody。メロディと呼んで。ファンソングに「終わらない(Melody)」と「HELLO MELLO」*1がある。

2012年3月22日エムカウントダウンを介してデビューした。デビュー曲は「秘密(Insane)」で、叙情的なメロディーが印象的な曲である。そして禁止映像も誕生したんだよね*2

2012年3月のデビュー以来、2014年10月現在まで正規1集が出ていない。*3
これは、所属事務所の言論プレー(マスコミ向け広報)の不在*4といくつかの悪条件が重なって起きた事であるらしい。

 

2. 活動

2.1. デビュー前

2009年 イ・·ミニョクは2009年10月ごろに公開された時空戦機レイフォースのPV映像に出演していた。映像序盤に女の子をかばうのがまさにイ・ミニョクである。
2011年〜2012年までソ・ウングァン、イ・ミニョク、イム・ヒョンシク、チョン・イルンはJTBCのシチュエーションコメディ「清潭洞(チョンダムドン)に住んでいます」に清潭不敗というアイドル練習性の役で出演した。*5

2.2. 2012年

2.2.1. 芸能やその他の放送出演

SBS MTVダイアリーにVIXXらと共に出演した。一編あたり10分程度の分量で、60以上のエピソードを誇る。
するとその後反応が良く、SBS MTVで別個に「B + DIARY」というバラエティが企画されたが、5本の短いエピソードに終わった。

QTV「7番街の奇跡」にも出演したという。

2012年5月16日 「週間アイドル」第43回に4Minuteが出演したときに見学生としてついて行った。ユク・ソンジェは誕生日プレゼントにアイスクリームを口いっぱい頬張った。

2012年10月24日 「週間アイドル」第66回に第43回で得た出演権を直接*6使用し単独出演した。チョン・イルンのキヨミプレイヤーがこのエピソードで放映された。

2012年12月31日 「MBC歌謡大祭典」の臨津閣(イムジンカク)ステージに出演した。

 

2.2.2. 「秘密(Insane)」 - 2012/3/21

f:id:mikimikan:20150122005612j:plain

名前:秘密(Insane)
タイプ:シングル
順番:シングル1集
発売日:2012年3月21日

1. 秘密(Insane)
2. Imagine

 

2.2.3. 「Born TO Beat」 - 2012/4/3

f:id:mikimikan:20150122005637j:plain

名前:Born TO Beat
種類:ミニアルバム
順番:ミニ1集
発売日:2012年4月3日

1. Born TO Beat
2.秘密(Insane)
3. Imagine
4.Monday To Sunday

 

2.2.4. 「父さん」 - 2012/5/3

f:id:mikimikan:20150122005709j:plain

名前:父さん
種類:シングル
順番:シングル2集
発売日:2012年5月3日

1. 父さん

 

2.2.5. 「Born TO Beat(Asia Special Edtiton)」 - 2012/5/23

f:id:mikimikan:20150122005736j:plain

名前:Born TO Beat(Asia Special Edtiton)
タイプ:スペシャルエディション
順番:スペシャル1集
発売日:2012年5月23日

1. Born TO Beat
2. その唇を奪った
3. 秘密(Insane)
4. Imagine
5. Monday To Sunday
6. 父
7. その唇を奪った(Inst.)
8. 秘密(Inst.) 

 

2.2.6. Press Play - 2012/9/12

f:id:mikimikan:20150122005800j:plain

名前:Press Play
種類:ミニアルバム
順番:ミニ2集
発売日:2012年9月12日

1. Press Play(Feat. G.NA)
2. WOW
3. 愛しか私は知らない
4. U&I 
5 Stand Up
6. My Girl

 

2.3.  2013年

2.3.1.  バラエティやその他の出演

2013年5月15日 「週間アイドル」第95回からチョン・イルンが週間アイドルのレギュラーとなった。
2013年6月5日 「週間アイドル」第98回の今週のアイドルに出演。
2013年9月18日 「週間アイドル」第113回の今週のアイドルに出演。この時ユク・ソンジェとチョン・イルンがキスしちゃったんだってさ*7

 

2.3.2. 「二度目の​​告白」 - 2013/4/10

f:id:mikimikan:20150122005823j:plain

名前:二度目の告白
種類:シングル
順番:シングル3集
発売日:2013年4月10日

1. 二度目の告白
2. 二度目の告白(Inst.)

 

2.3.3.  「スリラー」 - 2013/9/9

f:id:mikimikan:20150122005842j:plain

名前:スリラー
の種類:ミニアルバム
順番:ミニ3集
発売日:2013年9月9日

1. 僕が君の男だったとき
2. スリラー
3. なぜ 
4. Catch Me
5. クリスタルのように
6. 星


2.4. 2014年

2.4.1. バラエティやその他の放送出演

SBS MTVで「いい男(멋진남자 ) BTOB」というバラエティを企画して2014年5月現在放映中である。MTVと週間アイドルはBTOBの恩人
2014年2月26日、「週刊アイドル」第136回の今週のアイドルに出演。

 

2.4.2. 「ティティパンパン」 - 2014/2/17

f:id:mikimikan:20150122005906j:plain

名前:ティティパンパン
種類:ミニアルバム
順番:ミニ4集
発売日:2014年2月17日

1. ティティパンパン
2. 終わったのですか
3. もしもし
4. HELLO MELLO
5. 終わらない(Melody)

 

3. SNS (Twitter)

ソ・ウングァン https://twitter.com/BTOB_SEKwang
イ・ミニョク https://twitter.com/btob2mh
イ・チャンソプ https://twitter.com/LeeCS_BTOB
イム・ヒョンシク https://twitter.com/BTOB_IMHYUNSIK
プニエル https://twitter.com/PenielShin
チョン・イルフン http://twitter.com/BTOB_ILL
ユク・ソンジェ https://twitter.com/BTOB_6SJ


4. 所属事務所への批判

他の事務所に比べ所属事務所のサポートがあまりに不十分で耐え難いレベル。

アルバム発売においては、デビューアルバムを除きスペシャルエディションもない。リパッケージどころか後続曲活動さえも「その唇を奪った」一曲のみである。

公式ホームページは4集ミニアルバムが出た後もミニアルバム3集の広報内容のままであり、2014年7月28日現在更新は全く行われていない。*8

スケジュールを迅速に更新しないだけでなく、エラーもたまに発見され、コンサートでのファン席の割り当て、垂れ幕設置等に関するお知らせが非常に遅い。ので、ファンはBTOBのメンバーらが出演する番組をニュース記事、ホームページの掲示板、SNSなどで直接確認するという笑うに笑えない状況である。キューブ公式スケジュールよりも某ファンページ*9のスケジュールシステムのほうが正確らしいよ

加えて、他のアイドルグループに比べSNSYoutubeなどを通じたアクセスがスムースでなかった。*10

おまけにいわゆる「釣りエサ(떡밥/ファンが喜んで飛びつくようなネタ)」は枯れ果て、限りなく続く復習*11で、ファンには「シックスセンス」、「梅茶(매실차/Manager Self Camaraのこと)」*12 、「ダイアリー」、「いい男(멋진남자)」が与えられている状況。シックスセンスと同様の流れで「ブラックボックス」や、最近では「THE BEAT」が更新されたが、ブラックボックスは完結して久しく、THE BEATも16話を最後に終わるというからメロディーは是非塔を建てる準備をすること..我が子らが休暇を過ごしているという想いで解脱を試みてみよう 

もし所属事務所がデビュー前からメディアに十分な広報をし釣りエサをちゃんと投げていれば今より人気があったのか、という批判が存在する。実際のところ2012年にデビューした他のアイドルたちを見ればBTOBがどんなに苦戦しているのかは(略

所属事務所の積極的なサポートの良い例に防弾少年団がある。防弾少年団は2013年デビューにもかかわらず所属事務所の積極的なサポート*13にアルバム販売などでBTOBを圧倒した。*14その上アルバムのリパッケージ*15など、数多くの所属事務所のサポートにより着実にファン層を増やしている良い例。


5. 私語及び過去のBTOB項目の内容

2012年5月23日にはミニ2集「Born TO Beat(Asia Special Edition)」を出し「その唇を奪った」で活動しており、9月12日にはミニ3集「Press Play」を出し、「WOW」と「愛しか私は知らない」で活動した。

2013年1月15日と16日の両日、マレーシアで開かれた第27回ゴールデンディスク授賞式で新人賞受賞は逃したが代わりにネクストジェネレーション賞を獲得した。デビュー以来初の受賞。

2013年4月10日 デビュー1周年記念にデジタルシングル「二度目の告白」でカムバックして活動​​した。

2013年9月9日 ミニアルバム「スリラー」でカムバックして活動​​した。

ネイバースターキャストにBTOBの項目が追加された!
BTOBスターキャスト公式サイト
ユク・ソンジェとイ・ミニョクの比重が圧倒的に高いが、安定した記事と写真を掲載して良いネタ提供先となることが予想される。さらにTHE BEATの更新日に合わせて記事まで書いてメインに上がったりもするよ(!)

2014年2月17日 ミニアルバム「ティティパンパン」でカムバックして活動した。デビュー曲「秘密」の人気歌謡Take7以来2度目の全音楽放送1位候補に上がり、エムカウントダウン、ミュージックバンク、ショー音楽中心、人気歌謡でそれぞれ3位となった。グループメンバー全員が実力のあるグループであるだけに成り行きが注目される。*16

ただしセウォル号事件などで所属歌手の後続曲活動があれば、十本の指を満たせないキューブのために後続曲ができず(キューブでリパッケージアルバムを出さないため、リパッケージアルバムを発売するかどうかが不透明であったために)、多くのファンが号泣した。

2014年5月 リーダーソ・ウングァンがラジオのゲストとして参加した席で2014年夏ごろに再びお会いできそうだとカムバック予告をした!
ただしG.NAとBEASTのカムバックも予定されているので夏といっても9月頃を期待するファンが多数。

余談だが、最初にユク・ソンジェの項目が作成された!余談がいくつだ

余談だが、2013年MBC歌謡大祭典でテ・ジナにINFINITEと勘違いされるハプニングがあった。テ・ジナが歌を歌い、ステージの近くにずっと立っていた後輩歌手たちの方を一回りして一チームずつ名前を叫んでいく中、BTOBのイルンにチーム名を聞いたところ現場があまりにも騒がしかったためかINFINITEと聞き間違えて叫んだのだ。あまりにも雄壮に「イン!ピ!ニ!トゥ!」と一文字ずつきちんと叫んでしまい、後ろで慌てたイルフンの表情と爆笑している他のメンバーたちの相反した反応が見物である。

「君のメロディーになってあげる」というシーズン制のイベントがある。略して「너멜되」というが、メロディが公式カフェにあげたリクエスト曲の中から最も多くの申請者数の曲を選別し、BTOBのメンバーが歌ってYouTubeのアカウントにアップするという方式で進行された。実力で劣るメンバーがいないので爆発的な反応を呼び起こしシーズン2としてもう一度行われた。釣りエサにあえぐメロディたちには絶好の食糧。



*1:[1]

*2:[2]

*3:[3]

*4:[4]

*5:[5]

*6:[6]

*7:[7]

*8:[8]

*9:[9]

*10:[10]

*11:[11]

*12:[12]

*13:[13]

*14:[14]

*15:[15]

*16:[16]